USENの上場廃止 TOBの手続き書類が株主に届いた

ジャスダックに上場しているUSENが上場廃止になるというニュースがありました。

株式会社U-NEXTがUSEN株を公開買い付けするということですね。

公開買い付け価格は発表前の市場価格よりは高い461円。

期間は2月14日〜3月28日までです。

そしてそれに伴いUSENはU-NEXTの完全に子会社になるそうです。そして上場を廃止するそうなのです。

そのニュースを知ってからずっと考えていました。

株をどうしようかと。

そうなのです。私、USEN株持っているのですね。

スポンサーリンク

USENと大和証券からお手紙が届く

ニュースが流れてしばらくすると、USENから株主あてに封筒が届きました。

私あてに届いた茶封筒です。

このような茶封筒です。封筒の左下には赤字で「株式会社USEN公開買い付け関係書類在中」と書かれています。

そして中に入っていた書類はこちらです。

たくさんの冊子が封入されておりました。

中身は読みましたが、難しかったです。読んでいると眠くなりますね。

そしてUSENから書類が送られてくると同時に大和証券からも封筒が届きます。

理由は、今回の公開買付けの主幹事になっている証券会社が大和証券だからです。

「株を461円で買い取るよ」そして「申し込みするなら連絡してね」という紙が入っていたのでした。

USEN株をどうしようか迷う

手持ちのUSEN株をどうしようかなと迷っていました。

この場合、私が取れる選択肢は2つあります。

①大和証券の紙に買い取って欲しいという内容を書き込み、大和証券へ連絡をする。

この場合、大和証券の口座が必要になります。

私は大和証券の口座は持っていないので、口座開設する必要があります。

②市場で売り切る

USENの公開買い付け価格が461円なので、市場価格は459〜460円くらいで板が張り付いていますね。

つまり今であれば460円くらいで市場へ売り注文を出し、誰かに買ってもらうということです。

今回の発表は上場廃止が前提なので、これから先もUSEN株を持っていることはできません。

どちらか2つを選ばないといけませんでした。

USEN株を460円で売ってしまいました

結論!!

結局、私はUSEN株を市場で売りきりました。

一番大きな理由は、大和証券の口座開設をするのに手間がかかることです。そしてあまり証券口座を増やしたくないという気持ちもありました。

「TOB価格よりも1円安く売り、損する金額+株式売買手数料」と「大和証券とやり取りをして口座開設をする手間、その自分の時給」を考えた時に、前者の方が圧倒的にメリットが大きいと感じたのです。

もちろんTOBなどなかなかないことなので、大和証券で手続きをすれば新しい経験ができるというメリットはあったと思います。そのメリットもきっと、紙に書いて提出して、口座開設するくらいなら興味ないなと思ってしまいました。

そして最近、仕事が忙しくてそれどころじゃないという問題もありました。

こんな理由から、サクッと市場に460円で売りに出し、1日も待たずに売り切ることができました。

買ってくれた方、ありがとうございます。やっぱり1円安いと喜んで買ってくれる人っているんですね。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする