2017年2月 昨年分の確定申告をしました 青色ならソフトで十分

毎年2月、3月は決算、確定申告の季節ですね。

2017年2月の中旬から受付が開始されました。平成28年分の確定申告の期限は3月15日までです。

私は青色事業主になっているのですが、確定申告を無事終えました。

心配性なところがあるので、受付開始日の初日に出しに行くことが多いです。

先日美容院へ行った際に、担当してくれた美容師さんと確定申告の話になりました。

「今年って何か変化ありましたか?」と聞かれたのです。

今年の確定申告は確かに変化がありました。

スポンサーリンク

2017年の確定申告、2016年との違い

今年の確定申告は去年とは違うところが1つだけありました。

それは、マイナンバーです。

・確定申告の提出用紙にマイナンバーを記載する必要がある

・マイナンバーのコピーを添付して提出する

ということがありました。

もちろん提出する際は公的身分証(運転免許証など)で本人確認がされます。

私が提出しに行った時には「結構しっかりチェックしているんだな」と感じたのでした。

しかし美容師さんと話をしていると、「まだマイナンバーを受け取ってないんです」というのです。

これにはびっくりです。

「まだマイナンバーを受け取ってない人なんているんだ」というのが正直な感想でした。

この美容師さんは家にいることが少なく、マイナンバーを自宅で受け取ることができませんでした。書類は郵便局で止まっているそうなのです。

「結構、俺の周りにもマイナンバーを受け取ってない人いますし、今年はマイナンバーがなくても確定申告書を受付してもらえると思うんですよね。俺の予想ですけど。」

と美容師さんは希望的観測で話をしていました。

しかも、確定申告は毎年最終日に行くそうです。

「最終日に提出しに行った時に、税務署の職員さんにマイナンバーがなければ絶対ダメ、と言われたらどうするんですか?」と聞いた私に、美容師さんは「そうだったら走って郵便局まで受け取りに行きますよ」と飄々と笑っていました。

心配性で提出日の初日に出しに行ってしまう私からすると、「すごいな」の一言でした。

青色の個人事業主のメリットデメリット

ちなみに今回確定申告の話をしていた美容師さんは白色申告です。

自分でビジネスをされる場合には、個人的には青色申告がオススメです。

きちんと帳簿をつけないといけないという手間はかかりますが、それ以上に色々なメリットがあると感じるのが青色です。

青色のメリットを簡単に説明します。

青色申告のメリット

・65万円の特別控除が受けられる

これは税金を計算する際に、所得金額から65万円引いてもらえるというものです。とてもお得ですよね。

・赤字の場合、3年間繰越ができる

ビジネスを始めた初年度は初期コストがいろいろとかかるものです。たとえ1年目に赤字になったとしても、3年間は繰越ができるのです。これも便利です。

・30万円未満の減価償却資産を一括して経費にできる

例えばビジネスで使うパソコンなどの資産を購入した場合、30万円までであれば一括で経費にしてしまえるのが青色申告のメリットです。白色の場合には10万円です。

・家族を従業員にでき、給料の支払いが可能

家族を従業員として雇用し、給料を支払うことができます。この給料を課税前の所得から引くことができるのです

青色申告のデメリット

一方、青色申告のデメリットとして挙げられるのは複式帳簿ですね。

これはやよいの青色申告オンラインなどを使えば簡単に処理できるので、特に問題ないと思います。

1年目は2週間くらいかけて試行錯誤しながら帳簿の入力をしましたが、2年目からはもっと楽になります。

今年は決算の処理は1日で終わりました。これはもう慣れだと思います。

苦労するのは1年目だけです。

自分で確定申告をする場合に用意した方が良いものを以前記事にまとめました。

こちらです。

確定申告の準備を始める 用意するものや会計ソフトなど
確定申告は自分でやるべきか、税理士さんに依頼をするべきか。そして、自分で確定申告をする場合に便利なグッズについて紹介しています。私は自分で帳簿をつける派です。

来年こそはe-taxで申請したい

実は去年も「来年こそはe-taxにしたい」と言っていたように思うのですが、今年も結局e-taxにはできませんでした。

一言で言ってしまえば、やる気がなかったというか、面倒くさかったということです。

私の家から税務署までは車で20分くらいで行けるので、「持っていけばいいや」と思ってしまうのです。

税務署で確定申告書を作る人は、すごい人数の行列に並ばないのいけないです。おそらく数時間待ちは当たり前だと思います。

一方、私のように既に書類ができていて提出だけという場合には並んでいる人は1人か2人程度なのですぐに提出が可能です。

今年も税務署での滞在時間は5分くらいだったと思います。

しかし、e-taxも興味がありますし、1度やってしまえば楽だとは思っています。

来年こそはe-taxを使おう!と、ここで宣言をしてみました。

本当にe-taxにできるかどうかは来年また記事を書きたいと思います。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ