セミリタイア 月に10万円で暮らすのは現実的なのか?

「節約」や「スローライフ」、「ミニマリスト」などの話を聞いていると、必ずついて回るのが、「月に〇〇円で生活している」という話です。

先日「月に10万円くらいで暮らせる」という話をあるミニマリストの記事で読み、「これはすごいな!」と思いました。

内訳を見てみると、

家賃 40,000円
食費 20,000円
インターネット、携帯 5,000円
電気、ガス、水道 5,000円
交際費 10,000円
趣味、雑費 20,000円

という内訳でした。

「なるほど!食費は2万円か・・・私は難しいかな・・・」などと自分に当てはめて考えながら、「月に10万円で生活できたらいいよね」とも考えていました。

しかし私もミニマリストとは行かないまでも、かなり生活は質素です。

質素というか、「見栄を張らない」「余計なものを買わない」性格で、さらに「もともと物欲が少ない」のです。

それでも自分の毎月の支出を考えると、10万円で生活するのは、難しいんじゃないかと思ったのです。

もし私に今、月10万円の不労所得があったら、セミリタイアしたいだろうか?

生活できるのであれば、セミリタイア(?)しながら好きなことだけしている生活もいいなと思ったのです。お金のために仕事をするのではなく、自分のやりたいこと、人生で実現したいことに時間を全て使うことができるからです。

もし毎月10万円の不労所得があった場合に、リタイアして生活することは可能なのかを調べてみました。

スポンサーリンク

10万円の中に入っていない費用がある

実は10万円の内訳を見ていて違和感を感じていました。

最初はその違和感が何なのかわからなかったのですが、やっと気づきました。

それは、「国民健康保険料」や「国民年金」などの税金の支払いが入っていないことです。

きっと10万円で生活する内訳を公開した方は、サラリーマンだったのでしょう。

もしフリーターだったり、個人事業主だったりした場合には税金は自分で支払う必要があります。これは義務です。

毎月10万円の不労所得があるからセミリタイアをするという場合にも、セミリタイア後に2つの費用は毎月かかってきます。

絶対に払わないといけないので、この税金の支払いを外すと「生活できる」とは言えなくなってしまいます。

国民年金は、月額16,260円です。

(日本年金機構HPより引用http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150313-02.html)

国民健康保険料は収入により違います。また世帯単位でかかるので、一人暮らしの場合には一人当たりの保険料は高くなります。

モデルケースの場合の国民健康保険料はこのようになります。

(http://www.kokuho-keisan.com/list/list.php?pref=13より引用)

仮に一人暮らしで、個人事業主。毎月10万円の収入があった場合を計算してみました。

計算は、国民健康保険料が東京都で一番安い「大島町」で試してみました。

39歳までの場合 年収120万円の一人暮らし:月額7,892円

40歳〜64歳までの場合 年収120万円の一人暮らし:9,358円

ちなみに、東京都の港区に住んでいた場合は、

39歳までの場合 年収120万円の一人暮らし:月額11,810円

40歳〜64歳までの場合 年収120万円の一人暮らし:14,220円

でした。

自分でシミュレーションしたい方はこちらからどうぞ→国民健康保健計算機

もちろんこの2つの税金以外にも年に1度は「所得税」と「住民税」もかかります。120万円の年収であれば大した金額ではないと思いますが、10万円でキツキツの生活をしていたら、支払うのが苦しくなりそうです。

つまり月に10万円の収入の場合、国民健康保険料は16,260円、国民健康保険料は7,892円が最低でもかかってくるとうことです。

足し合わせると毎月24,000円程度の支出です。

つまり10万円の収入で生活したい場合には、税金を抜いた76,000円で生活をしなければならないということなのです。

持ち家、周りが農家なら可能ではないか

では月に10万円で生活ができないか、というとそういうこともなさそうです。

家賃 40,000円
食費 20,000円
インターネット、携帯 5,000円
電気、ガス、水道 5,000円
交際費 10,000円
趣味、雑費 20,000円

生活費の内訳をみると圧倒的に高いのが家賃、そして次に食費です。

趣味・雑費などは、まさに自分が生きていて実現したいことに使う費用なので、減らしては「ただ生きているだけ」になってしまいます。やはりここは減らしたくないと思ってしまいます。せっかくリタイアしているのですしね。

家賃、食費を減らそうと考えると、思い浮かぶのが「持ち家」と「周りが農家」です。

「持ち家」があれば、支払いは固定資産税だけで済みます。

固定資産税は築年数が経っているものだとかなり安くなります。知り合いが400万円で買った古い家は、固定資産税が年額で24,000円程度らしいので、月額換算すると2000円くらいになります。

持ち家を買うお金がない!という場合には、安いアパートで数年暮らしてお金を貯めるのも良いですね。

東京でも2万円以下、3万円以下のアパートはあります。雨風しのげれば良いと考えるのであれば、十分かと思います。

また周りが農家であれば、安く食料を調達することができるのではないかと思うのです。

筋トレ、気分転換のために、時々農作業を手伝うなどして、近所と交流するのも楽しそうです。

捨てるしかない農作物を安い価格で譲ってもらえないか聞いてみるのです。

そうすると2万円もかからずにまかなえ、かつ健康的な食生活を送れる可能性が高くなります。もちろん自分の家の庭で育てるのも良いと思います。

そうすると東京よりも地方の方が有利ですが、あまりにも地方の場合には車が必要になる可能性もあるので、適度に交通の便が良い場所の方が良いかと思います。

その点、東京近辺だと23区以外、埼玉県、千葉県、神奈川県などは良いですね。

結局「10万円で生活できるかどうかは工夫次第」だと思いました。

工夫次第でかなり現実的です。

自分で妄想を膨らませて、「こうやってみたら?ああやってみたら?」と頭を使って考えてみることも楽しかったです。

10万円以下の安い生活を楽しめるのかという性格にも関わってくると思います。

いっその事、今の生活を100%変えて、生活費用の低い国(海外)に拠点を移すということも可能なのです。

「今ある生活のままで生活費を減らそう」と思うと我慢の連続になりそうですが、いっその事生活自体をガラッと変えてみたら、我慢ではなく楽しさに変わりそうだなと感じました。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ