恐怖!脱毛業界も月額払い制のセールスが主流に

女性であれば1度や2度は脱毛をした経験がある方が多いと思います。

最近は男性の中にも全身脱毛をする人が増えているそうです。

確かに脱毛をするとすごく「清潔」で「楽」です。1箇所脱毛をすれば、そこから全身脱毛へと進んでいくのです。

もちろん私も脱毛しています。医療レーザー脱毛です。レーザーを当てている時は痛くて涙が出るけれども、やっぱりムダ毛が減るのは快感です。

しかし、脱毛した箇所がまた毛が生えてきてしまったり、または以前は気にならなかった部位を脱毛したくなったり。脱毛は永遠に終わらないのかな、と少し悩んでいる今日この頃です。

どうしても産毛程度は残ってしまう。それすら許せなければ、ブラジリアンワックスで定期的に根こそぎ取るしかない、というのが最終地点なのかなと最近思います。

スポンサーリンク

脱毛は高い!から月額払いで目くらまし

脱毛は高いです。特に医療レーザー脱毛は高いです。

全身脱毛をした場合、30万円〜60万円程度かかります。(これは回数と部位によります)

この金額を一括で払えるのか、というと払える人も多くはないかなと思います。また、この金額を一括で払う時にやっぱりお金が出て行くことによる痛みを感じるのです。

30万円〜60万円の買い物なんてなかなか普段しませんよね。

「無駄なお金にならないかな」「脱毛は痛いけれども、最後まで我慢できるかな」「忘れずに通い続けることができるかな」誰もが悩んで、契約するかしないかを決めていますよね。

最近とある部位を脱毛したいと思い、医療レーザー脱毛ができる病院の料金を比較することにしました。今お世話になっている病院もあるのですが、より安くなれば嬉しいな、くらいの軽い気持ちだったのです。

そこで恐怖に凍りついたのです。

「月額払いの提案ばかり!」なのです。

月額9800円!と大きな文字が。そして下の方に小さく、36か月払いで総額36万円ですみたいなことが書いてある。

こんな作りのホームページばかりです。

「一括払いの料金表はどこ?」とサイト内を探すのがすごく大変です。しかも一括払いの料金表をホームページに載せていない病院まである始末です。

怖い怖い。本当に怖いです。

途中でやめられない月額払いは、借金と同じ。36万円を契約して、それを36ヶ月支払うだけですからね。ローンなのです。

本当に恐ろしくて手が震えました。

結局、一括払いの提案をきちんと載せていてわかりやすく、かつリーズナブルな病院は、今通っている湘南美容外科クリニック以外には2カ所見つかり、そこで断念しました。

絶対に一括払いじゃなきゃ嫌です。

いつの間に、脱毛業界はローン払い前提に変わったの?と思ってしまいました。昔からエステなどでローン払いという手法はありましたが、数年前の方がホームページ上に一括払いの料金もきちんと載せている病院が多かったように思います。

最近月額払いが多いけど破産者は増えているのか?

最近月額払いという名のローン提案セールスが増えましたよね。

スマホを買った時もそうでした。本体代金を24ヶ月払い提案の多い事多い事。

カード会社からは頻繁にリボ払いの提案メールが届きます。

月額払いで毎月の支出が膨れ上がって破産する人は増えていないのかな?と疑問に思いました。

どの会社もすごくセールスが上手に感じるからです。

(金融庁http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/symp200706/04.pdfより引用)

自己破産の申請件数を調べてみたところ、2003年をピークに減っているのです。

この表では2006年までしか載っていませんが、数字を確認したところ最近まで徐々に自己破産申請件数は減っていることがわかりました。

販売会社のセールスがうまくなってきているけれども、それに踊らされない人も増えてきたのでしょうか。そうであれば日本人は素晴らしいです!

それにしても「借金は絶対に嫌!」と普段から思っている私でも、「スマホの本体代は月額2000円になりますよ」だとか、「全身脱毛が毎月9800円ですよ」と言われると、「いいなぁ。このくらいの金額なら。。。」と思い、1秒くらいは心が揺れ動くのです。一気に「5万円かかります」「30万円かかります」と言われるよりも、お金が出て行く痛みが少ないように感じるからです。お金が出て行くことを見て見ぬ振りをしたいという気持ちの表れですね。

本当に月額費用での提案は目くらまし提案だなと感じます。

現金一括払いが良い理由もある

「現金で一括で払うこと」を私も普段から実践していますし、周りの人にもオススメしているのですが、現金一括払いが良い理由もあります。

1、費用の総額を一括で支払うので、支払いに見合った買い物なのか、本当に必要なのかきちんと精査できる

2、お金が出て行く痛みを直視することになるので、買ったものを大切にする

3、無駄に高いものを買わなくなる

4、毎月の支払いが圧迫されない

この4つを感じます。

例えばスマホですが、24000円の機種と36000円の機種。どちらを選ぶか迷った場合です。24ヶ月払いだと1000円と1500円で500円の違いです。だったら36000円の機種を買えば良いと安易に決めてしまいがちです。

しかし実際には12000円の差があるのです。12000円追加で払ってでも36000円の機種にしたいのか真剣に考える方が良いと思います。

月額にならすと1回あたりの請求額が小さくなるので、ついつい「そのくらいの金額なら」と金額の中身や細かい金額を精査しない可能性が高まります。セールスマンからも「500円の違いですから」と言われると「500円をケチる女」と思われたくなくて見栄を張りたくなる気持ちもあります。(実際は500円をケチる女になるのですが)

そして一括払いの良さは買った物を大切にすることにも現れます。「この商品は36000円もしたんだから大事にしよう」と私なんかは思ってしまうのです。これが毎月1500円だったら、きっとそれほど大事にしようと思えないと思うのです。やっぱり金額に踊らされる部分ってあります。「損したくない。元を取りたい」という気持ちが湧いてくるからです。

最後ですが、毎月支払いの契約を増やしていくと、毎月の支払いを圧迫します。

たくさん支出があった月、少なかった月など月によって支出が変わり、人によってはお給料日前になれば生活費を切り詰める時だってあります。

今月使ったものの請求書にプラスして、1年前に契約したスマホ代1500円、エステ代10000円、とローン契約をしていればしているほど積みかさなります。この積み重なった金額が月に5万、10万となっていくと支払いがどんどん苦しくなっていくのです。

一方現金一括払いの場合には、毎月くる請求書に記載されているのは、その月または先月に買ったものだけです。

今の欲望で未来のお金を浪費しないということは、資産を築く上ですごく大事だなと感じました。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする