おすすめの格安航空会社(LCC) 利用時の注意点

個人旅行や仕事などで海外へ行く際に便利な格安航空会社(LCC)を紹介します。

大企業に勤めていれば、海外出張の際にはサポート部門のスタッフが航空券を取ってくれることもあります。しかし私のように個人事業主であったり、また会社を起業して間もない頃は少しでも安く海外に行きたいということも多いと思います。

またバックパックや個人旅行でぶらり旅に出たい場合にも格安航空会社(LCC)の利用はオススメです。

日本の大手の航空会社に比べて格安航空会社(LCC)はデメリットもありますが、メリットもたくさんあります。今日はおすすめの格安航空会社(LCC)の利用法などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

格安航空会社(LCC)のメリット・デメリット

格安航空会社のメリットは、何と言っても価格が安いことです。

JALやANAなどの日系の大手航空会社の半額で飛行機を利用できることも珍しくありません。

実際に私が使ったものだと、

成田ー札幌間 往復7,200円

成田ー香港間 往復30,000円

などで行くことができました。

飛行機によく乗る方であれば、この価格を見ていただくと十分メリットを感じると思います。

もちろん格安航空会社(LCC)には様々な制約があります。

・飲み物、食事がつかない

・チケットの変更ができない

・離発着のターミナルが遠い

・荷物を預けるのに別料金がかかる

・指定席の場合には別料金がかかる

・持ち込める荷物の制限が厳しい

などの注意点があります。

ただしこれさえ気にしなければチケット代で浮いたお金で、現地で楽しむこともできるのです。

荷物は極力少なくし、持ち込めるものを確認する

せっかく安い格安航空会社なので、荷物は極力少なくすることがオススメです。

また機内に持ち込めるバッグの大きさ、持ち込める物は航空会社によって違います。事前に細かく確認することがお勧めです。

例としてバニラエアの場合を紹介します。

(https://www.vanilla-air.com/jp/service/cabin-baggageより引用)

機内に持ち込める荷物のサイズは、56cm×36cm×23cm以内と書かれています。

このサイズは、JALやANAのような大手航空会社に比べると小さいサイズです。

また「機内持ち込みサイズ」と記載され売られているトランクケースであっても、このサイズを超えている場合も多々あります。

自分が持っているトランクケース(またはこれから購入するトランクケース)のサイズがこのサイズ以内に収まっているのか、事前に確認する必要があります。

サイズをオーバーしている場合には追加料金を払い、預け入れ荷物として預けることになります。これも受け入れてもらえるかはその場の状況次第になります。(飛行機の積載量に上限があるからです)

次に液体の持ち込みについてです。

国内線の場合はそれほど厳しくはないですが、国際線の場合はかなり厳しいです。

これも各航空会社によって定められているので、事前に注意が必要です。

今回もまたバニラエアの場合で紹介します。

(https://www.vanilla-air.com/jp/service/dangerous-goodsより引用)

このように100ml以内の容器で、透明プラスチックの袋に入れて、など様々な規制があります。

女性の場合はハサミやヘアアイロンに使用するガス、爪切りなどは没収される可能性が高いです。注意が必要です。

格安航空会社(LCC)の選び方

格安航空会社(LCC)の選び方を紹介します。

LCCのメリットである「安い」ということにこだわるのであれば、総合チケット比較サイトの利用が便利です。

総合チケット比較サイトはLCCや大手航空会社を含めてすべての航空会社のチケットを横断して一番安いところから提示してくれます。

代表的なところをいくつか紹介します。

DeNAトラベル・・・DeNAが運営している格安航空券のサイトです。海外航空券では日本ではあまり馴染みのないLCCまで網羅されているので、驚くくらい格安でチケットを購入することができます。今一番最安値だと個人的には思います。

skyticket.Jp・・・サイトの見やすさ、格安航空券のチケットの安さが特徴のサイトです。レンタカーやWifiのレンタルまで網羅されているので、個人で国内、海外に行く場合には非常に便利なサイトです。

飛行機のサービスはいらない派にはLCC

飛行機の中では寝るだけ、飛行機の中ではサービスはいらないという方には断然格安航空会社(LCC)がお得です。

そしてミニマリストなど荷物が少ない人にとっても格安旅行会社(LCC)はメリットがあります。

いくつかLCCを使う際の不安についてQ&A方式で紹介したいと思います。

Q1 LCCは国内線でも成田空港の離発着便が多い。成田空港は東京都心部からは遠いし料金もかかるから逆に損なのではないか。

A 時間という意味であれば、成田空港よりも羽田空港の方がメリットが大きいと思います。料金に関して言えば、東京駅から出ている東京シャトルに乗れば、1,000円で成田空港までトランクケースと一緒に運んでくれるので、安く済ますことができます。

成田空港まで安く行く 格安バスで旅行費用を安く抑えるコツ
成田空港まで安く行く方法があることを最近まで知りませんでした。とても損をしていたと思います。格安のシャトルバスってご存知ですか?これを使うと、成田空港まで安く行くことができるのです。シャトルバスの乗り方について纏めました。

Q2 LCCは基本的に食べ物や飲み物がつかないけれども、何時間も我慢するのが辛い

A 食べ物は飛行機の中で販売していますのでお腹がすけば買うことができます。飲み物については、国内線の場合はペットボトル(500ml)1本であれば、未開封に限り飛行機の中に持ち込むことができる飛行機会社も多いです。またそれもダメだと言われた場合は、免税店で買ったものであれば持ち込みできます。もちろん機内で買うこともできます。

Q3 荷物を預け入れできないと旅行に必要なものが持っていけない

A 荷物の預け入れは別料金で可能です。機内に積める容積の問題もあるので、荷物の預け入れをしたい場合には、事前に申し込んでおくのが安心です。また大都市へ旅行に行くのであれば、現地でほとんどのものを調達できます。少し足りないかなと思う量の荷物で行くことを個人的にはお勧めします。「もしかしたら必要かも」というものは大抵使わないので、それを省くと荷物はかなり少なくなります。

飛行機の中では「寝る」と割り切る方、飛行機の中で楽しむ必要はないと割り切る方は格安航空会社(LCC)で十分だと思います。

起きていても仕事がそれほどはかどるわけでもないですし、映画も無理に見る必要もないです。また、機内食もビジネスクラスくらいにならないと美味しくないです。

体力を機内で温存して、現地についてから楽しむ。そのために体力もお金も温存しておきましょう。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ