新しいビジネスに挑戦する 週に100時間、死ぬほど働く

新しいビジネスに挑戦することにしました。

今までコツコツと貯めてきたお金を切り崩して生活してでも挑戦してみたいことができたからです。

借金をするつもりはないですが、貯金は減ると思います。減るというよりは増えない感じでしょうか。

今までグダグダと自分に言い訳をして積極的に挑戦をしてこなかったことを反省し、これからは「やりたい!」と思ったことはどんなことでもやってみることを心がけたいです。

スポンサーリンク

尊敬しているビジネスマンに言われたこと

尊敬しているビジネスマンの方と直接お話する機会がありました。すごく幸運なことだと思います。

その方曰く、私の性格は「これ!と決めたら頑張れるけれども、これ!というものが決まらないうちはフラフラする」性格らしいです。

言われてみて納得しました。本当にその通りだと思います。自分勝手にフラフラしているからです。

「とにかくフラフラする振れ幅を大きくすることが、自分がこれ!ということを決めるために役に立つよ」というアドバイスをいただきました。

今まで勇気が出ずに「やりたいけれどもリスクを感じて、不安で怖くて一歩踏み出せなかったこと」を反省しました。今までの私の人生の振れ幅は、自分がリスクをコントロールできる範囲、想像できる範囲にとどまっていたと思います。

勇気を出して人生の挑戦の振れ幅を大きくしようと決めました。その先に自分自身の成長があるように思います。

年齢的には結構良い年齢ではありますが、まだまだ小さくならずに積極的に挑戦していきたいです。

2017年は挑戦の年にしたいなと考えています。

何かに挑戦するには、今やっていることをやめないといけない

何かに本気で挑戦しようと思ったら、今やっていることをやめるか、または今やっていることの時間を相当削らないといけないです。

つまり今収益が出ているビジネスの時間を削ることになるので、短期的には収入が減ります。

生活するためには今まで貯めてきたお金を切り崩して生活しないといけないですし、今まで貯めてきたお金を使ってビジネスをしないといけないです。

せっかくの貯金がなくなることが怖くてたまらないですが、人生一度きりです。貯金はまた貯めればどうにかなります。そして借金をしなければ、いくらでも0からスタートできるのです。

とにかく時間は有限です。

今やっているビジネスをそのまま継続させながら、小さく新しいことを始めるという選択肢もありましたが、それでは時間がもったいないと思いました。最近は1年は本当にあっという間だと感じます。1日1日を無駄にしたくないです。

とにかく限界まで死ぬほど働いて、死ぬ気で新しいことに挑戦したいと思います。

週に100時間働くこと

「週に100時間働けば、誰でも世界トップレベルになれる」

働けば働くほど結果が付いてくるそうです。スティーブ・ジョブスに匹敵するといわれている有名な起業家イーロン・マスクさんの言葉です。イーロン・マスクさんはPaypalを起業したことでも有名です。

自分が嫌いな仕事であれば週に100時間も働いたら気が狂ってしまうかもしれませんが、幸い私の場合には自分がやってみたいと思う仕事です。

一生に一度くらいは週に100時間、死ぬ気で働く年があってもいいかなと思います。

1週間で100時間というのは、毎日働いたとすると、1日14、2時間程度です。寝る時間と食事する時間以外はほぼ働いているということですね。

とにかく行動することで、想像していただけではわからないことが見えるような気がします。

人生の中で2017年が自分にとって大きな変革の年になるような気がしています。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ