結婚は運命の選択 借金地獄か大富豪か

結婚相手を選ぶ行為は「人生最大の決断」です。結婚相手を間違えると人生が終わってしまうからです。冗談ではなく、結婚相手によって借金地獄へ落とされることすらあります。

例えば自分がお金持ちになりたいと思って仕事を頑張っても、結婚相手が浪費家だったり借金癖があれば、お金持ちになることはかなり難しい状況になります。一方、お互いにコツコツとお金を貯める習慣があれば、将来的にお金持ちファミリーを作ることも可能です。

相手の浪費癖や借金癖がひどい場合には、数千万円・数億円の借金を背負い、夫婦として返済義務が発生することすらあります。

借金は蟻地獄のようなもので、一度ハマったら抜け出すことは相当難しくなります。

今日はお金で困らないための、結婚とお金についての考え方を紹介します。


Youtubeで見たい方はこちら

スポンサーリンク

昔はお金のための結婚が当たり前 結婚はビジネス

d5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b_s

昔はお金のための結婚が当たり前でした。家と家とのつながりのために結婚することも多く、結婚してから愛を育みうまくいく家庭も数多くあったと聞いています。結婚はビジネスという側面もあったのです。

「隣村のマサオさんは仕事も頑張っているし、お金もきちんと貯めているから、結婚するにはオススメの男性だよ」と仲人おばさんに紹介され、ハナコさんはマサオさんのところへお嫁に行ったりしていたわけです。

今は恋愛での相手選びが主体ですが、現実問題として結婚は好きな気持ちだけでは長続きしません。

一つだけ勘違いしないでいただきたいのは、恋愛結婚がダメでお見合い結婚を推奨しているわけではありません。そしてお金のために好きでもない人と結婚しろと言っているわけでもないです。

とはいえ結婚生活を続ける中で、一番問題になるのはお金の問題であることは事実です。お金の問題さえ起きなければ、性格の多少の不一致や顔のつくりなどは、長い結婚生活の中で意外と大した問題にはならないのです。

私たちは結婚相手に対して、お金に対する価値観を事前に確認しておくことがとても大事です。

これは欧米のアッパークラスの家庭では当たり前に思われている考え方ですが、日本ではあまり普及していません。一人お金の価値観がおかしい人が家族に入るだけで、ファミリー全体がリスクを抱えることになるからです。

→アッパークラスが実践している結婚相手の選び方

結婚する前にしておくべきこと

dangerous-1282330_640

結婚しておく前にしておくべきことがあります。それは、お互いに借金を0にしておくことです。結婚を考えている男女は共に、奨学金やクレジットカードローン、そして車のローン、住宅ローンなど、借金がある場合には持ち物を売り払ってでも0にした状態で結婚することが望ましいです。

そして、結婚する前に婚前契約書を作成しておくこともオススメです。

ハリウッドスターの結婚ニュースなどで婚前契約書については聞いたことがある方も多いと思います。

これから仕事を頑張ってお金持ちになろうと努力をしているのであれば、たとえ今の貯金が1000円だとしても、結婚する際には婚前契約書を締結しておくことが望ましいです。

徐々にスキルを上げて仕事で努力をしていれば、必ずお金がたくさん入ってくる時がきます。そして愛はいつ冷めるかわからないのです。

仮に離婚をすることになった場合にお金で揉めないように、結婚前に双方が弁護士を用意して婚前契約書を作成します。内容は資産分配や借金の返済義務など経済的に大きなものを定めておきます。

実は先日友達に会った時に、家計の話になり、「仮に離婚したらどうするの?」と聞いたところ、友達には「なんで離婚すること前提なの?」と怒られました。結婚する前、結婚中に離婚した場合のことなど考えたくない気持ちは理解できますが、離婚しない保障などないのですから、事前に定めておくのが良いと思います。

婚前契約書は保険のようなものです。家に住めば万が一火事が起きた場合に火災保険をかけます。それと同じように、万が一お互いのうちどちらかが離婚をしたいと思った時にどうするのかという契約書を作成しておくわけです。

婚前契約書の作成は決してネガティブな話ではないです。そして万が一締結していない場合には、相手に浮気をされて離婚する場合でも築いた資産の半分を取られることになりかねないのです。ハリウッドスターのトム・クルーズは離婚の際に100億円以上相手に渡したそうです。私たちがそうならない保証はないのです。

サンセット条項の取り扱いについてなど、詳しいことを知りたい方は、こちらをご覧ください。

→結婚相手の選び方、婚前契約書など、お金を守る方法

結婚式は一番リターンがない投資

wedding-808958_640

最後に女性の憧れとも言われる結婚式についてです。結婚式は一番リターンがない投資と言われています。投資というよりは消費に近いです。

結婚式にはおおよそ250万円〜300万円の費用がかかると言われています。20代〜40代で結婚する人が多いと思いますが、その時期に300万円のお金をきちんと運用し始めれば、10年後には億万長者になることも夢ではありません。

夫婦二人で経済的にお金持ちになりたいと思うのであれば、結婚式はせずに結婚資金で二人でビジネスを始めてみるのもアリだと思います。

そして10年後億万長者になった時に結婚式を改めてあげるのも、選択肢の一つだと感じます。

お金のことを話し合うのは日本人はとても苦手です。私も「話しにくいな」「聞きにくいな」と思ってしまいます。それでもお金の問題は一生ついて回るのです。

リスクなく失敗しないで資産を増やしたいのであれば、「お金の守り方講座」を学んでみてください。

聞き流すだけで大丈夫なので、恋人や夫婦で一緒に聞いているだけで、一緒に億万長者へのステップを上がっていけると思います。

→お金の守り方講座

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ