リオのパラリンピックを観戦したい!注目の選手は?

ついにリオのパラリンピックが始まり、既に日本の選手がメダルを1つ取りましたね!

今回のパラリンピックでのメダル獲得第一号は、柔道男子60kg級の廣瀬誠選手です。

銀メダル獲得おめでとうございます!

やはり同じ日本人が活躍している姿を見るのは嬉しいです。

普段は愛国心などは意識しないのですが、こういう時は「日本がんばれ!!」と強く思います。

今日はリオのパラリンピックについて調べてみましたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

パラリンピックとは何?

7946791197979c7f48450edf38c634af_s

パラリンピックは一言で言うと、世界最高峰の障害者スポーツ大会です。

パラリンピックには「クラス分け」があるのが特徴です。障害は人によって様々です。競技の結果に影響しない同程度の障害に選手をクラス分けします。同じクラスの中で勝ち負けを競うのです。

クラス分けの分け方は競技によって異なりますが、一般的にクラス分けには3つのプロセスがあるそうです。

○身体機能評価/Physical Assessment○
筋力テスト、関節可動域テスト、協調性テストなどの理学的検査を実施し、参加資格のある障がい種類、程度であるかを判断する。

○技術評価/Technical Assessment○
競技中ならびに日常生活での動作能力を評価し、適切なクラスを判断する。

○競技観察/Observation Assessment○
クラス分けを実施した大会の一番最初の出場種目(First Appearance)を観察し、最終的なクラスを決定する。

(http://jaafd.org/pdf/top/classwake_qa_r.pdfより引用)

普段なかなか障害者スポーツに接する機会がない人にとってもパラリンピックは障害者スポーツを知る良い機会ですよね。

もしかしたら地元から選手が出場しているかもしれません。(実は私の近所からも選手が出場しています)市町村のHPに載っていることもあるので、是非チエックしてみてください。

今回のリオパラリンピックは2016年9月7日〜18日の12日間行われます。

今回参加する国の数は160カ国以上、参加する選手の人数は4350人だそうです。そして22競技でメダルを争います。

日本からは132名の選手が出場し、最高年齢の選手は68歳の別所キミヱ選手です。素晴らしいです。

日本選手団は今回、金メダル10個・国別金メダルランキング10位を目標に掲げているそうです。

実際に日本の選手の中には世界ランキング上位の選手も多く、さらに今回のリオパラリンピックで連覇がかかっている選手もいます。

日本の選手のメダル獲得が楽しみです!

リオパラリンピックの注目選手は?

4459a98d54ae6f8c46d3c9e5d0ceb14c_s

リオパラリンピックに出場している日本人の注目選手はたくさんいます。早速有名な5人の選手を紹介していきたいと思います。

①国枝慎吾選手(車いすテニス)

パラリンピックの選手として一番有名と言っても過言ではないと思います。車いすテニスの国枝慎吾選手です。アテネ大会、北京大会とダブルスで金メダルを獲得、ロンドン大会ではシングルスで金メダル。今回のリオでも金メダル獲得の期待がかかっています。

②上地結衣選手(車いすテニス)

上地結衣選手も車いすテニスの選手です。女子シングルスに出場する予定です。2014年に女子車いすテニスのダブルスで年間グランドスラムを達成した経歴を持っています。実は女子車いす史上6人目の生涯グランドスラム制覇で、最年少の達成だったそうです。2016年にも全豪オープンのダブルスで三連覇を達成しています。

③成田真由美選手(水泳)

今回リオパラリンピックの出場にあたり国内外から注目を集めている選手です。1996年のアトランタ大会からシドニー、アテネの3大会で金メダル15個を獲得しているレジェンドのような選手です。一度引退していたのですが、2015年に現役復帰を果たしたそうです。

④辻紗絵選手(陸上)

もともとハンドボールの選手でしたが、2015年に陸上へ転向。この1年で日本記録を次々と更新しているそうです。また今年に入って100m世界ランキング3位の記録を出していることからも、これからが期待出来る選手です。

⑤正木健人選手(柔道)

男子100kg超級に出場します。リオオリンピックでは二連覇の期待がかかっている選手です。柔道は特に健常者と同じルールなので、試合を見ていてもわかりやすいと思います。

112162

私自身も知らなかった選手ばかりですが、調べれば調べるほど素晴らしい選手がたくさんいます。

同じ競技をしている選手だけでなく、同じ県に住んでいる選手、同じ会社で働いている選手など身近なところにパラリンピックの選手はいそうです。

この機会にしっかりとパラリンピックを応援したいと思います!

こちらのページにも各選手の詳細が載っています→パラリンピックサポートセンター

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ