苫米地英人著「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! レビューと感想

最近知り合いになった方で、苫米地英人さんの大ファンの男性がいます。

その方に苫米地英人さんの本はオススメだよ、と勧めていただいたので、今回手にとってみました。

苫米地英人さんの本はたくさんあるので、どの本を読むか迷いますね。

とりあえず10冊は最低でも読むつもりですが、今回読んだ本もすごく面白かったので紹介したいと思います。

こちらの本です。「頭のゴミを捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」

スポンサーリンク

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!を選んだ理由

img_1587

実は苫米地英人さんはたくさんの本を出版されています。書籍を販売しているAmazonで苫米地英人さんの著書を検索すると203件もヒットするのです。

この量には驚きました。年に何冊のペースで本を書かれているのか、まるで小説家のような本の数です。そのくらい人気があるということだとも思います。

ー例えば
■常に頭がモヤモヤ、ゴチャゴチャしている人
■仕事や勉強に集中するために、体と心を緊張させないといけない人
■コーヒーを飲む、煙草を吸う、バッチリメイクをするなどして、気合を入れないと集中モードに入れない人。

そういう人は頭にゴミがかなり溜まっている人です。そういう人にこそこの本を読んでもらいたいと思います。
(「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! P4ー5 より引用)

本の始めの方のページで書かれている、この言葉を読んだ瞬間に、「私はまさにこれだ!」と感じたのです。

そして、その後に書かれている言葉に愕然としました。

本当の集中とは、リラックスした集中です。静かなる集中です。頑張らなくても、緊張しなくても、エイッと気合を入れなくても、すーーっと集中状態に入っていける。そして仕事や勉強がサクサク進む。それが本当の集中です。

(「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! P.5より引用)

リラックスした集中なんて経験したことあるかな?と考え込んでしまったのです。

私にはこの本を読む必要がある!と感じた瞬間でした。

頭のゴミを捨てる8ステップ

313399

「「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」では、ステップを8つに分け、様々な頭のゴミが何なのかについて、そしてゴミへの対処法について紹介しています。

1、イライラ、怒り、嫉妬・・・生産性を下げる「感情のゴミ」を捨てる
2、満たされなさと焦燥感・・・「他人のモノサシ」というゴミを捨てる
3、変わりたいけど変われない・・・「これまでの自分」というゴミを捨てる
4、自分に自信が持てない・・・「マイナスの自己イメージ」というゴミを捨てる
5、「なりたい自分」になるためにまずは「我慢」というゴミを捨てる
6、やりたいことが分からない・・・「自己中心」というゴミを捨てる
7、失敗するのが怖い・・・「恐怖」というゴミを捨てる
8、「論理へのとらわれ」というゴミを捨て「ひらめき脳」を手に入れる

(「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! より引用)

ゴミは上記の8つです。

この8つを読んでみると納得です。全てに自分が当てはまるように思うのです。

頭のゴミが沢山あって、そして本当のゴールを意識していないから、ささいな感情の乱れなどに影響され、頭がモヤモヤしてしまうのだと感じました。

各ステップの最後のページだけ読んでもOK

342041

8つの各ステップには最後のページに「三つの悩みへのポイント」と「各ステップのポイント」が書かれています。

あまり本を読んでいる時間がない!という方はこのポイントだけ読んでも良いと思いますし、ポイントを読んで気になったステップだけを拾い読みするのも良いと思います。

私がこの本を読んで気になったポイントをいくつか紹介したいと思います。

■本当のゴールとは、自分が心から実現したいゴール。自分が心からやりたいことに向かっていると常に密度高く集中して仕事を進められる。

■ゴールに無意味な感情は捨て、ゴールに意味のある感情だけを味わう。全ての感情は娯楽である。

■現代に恐怖は必要ない。「食えなくなる」という恐怖には意味がない。「食うために働く必要はない」

■時間は未来から過去に流れている

ポイントだけ読んでしまうと、え??と思われる方もいるかもしれませんが、内容を読めば苫米地英人さんの言いたいことが理解できます。

また、自分は特にどの頭のゴミが多いのかを知ることで、自分の特性や自分が注意すべきポイントを意識することもできます。傾向と対策が立てやすいということですね。

私の場合は特に、1の感情のゴミ、3のこれまでの自分というゴミ、7の失敗するのが怖いという恐怖のゴミ。この3つが強いように感じます。

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!を読むと、自分の考え方や捉え方を変えることができます。無理矢理ではなく納得感を持って、自分がどう変わればいいのかを理解できます。

自分の過去にとらわれ過ぎていた自分を捨てて、ゴールに関係のない感情に振り回される自分を捨てて、そして恐怖を乗り越えて、自分の人生を実現していきたいと思える本でした。

興味のある方は是非読んでみてくださいね!

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ