大人になってから英語を学んでもネイティブになれる方法

大人になってから英語を学んでもネイティブになれるらしいのです。

信じられますか?

今からでも憧れの英語のネイティブスピーカーになれる、という話を聞きました。

英語のネイティブスピーカーになるには、小学校までに英語圏で生活をしないといけないという説が一般的かと思います。

しかし脳科学の観点からいえば、大人になってから英語を勉強してもネイティブになれるらしいのです。

これはかなり嬉しいな!とワクワクしてしまいました。

スポンサーリンク

英語へのコンプレックス

082990

私を含めて多くの日本人が英語に対してコンプレックスを持っていると思います。

英語を流暢に話している人を見ると、凄くできる人に見えてしまうことも多いです。帰国子女って憧れの言葉です。

駅で外国の人に英語で話しかけられて、挙動不審になってしまうこともよくあります。パードン?って何度も言いたくなりますよね。

学生時代から英語を勉強し始め、英検をとるため、TOEICテストのため、そして受験のため、就職のためと学生時代は英語を常に勉強していました。

ところが全く英語を流暢に話せません。すぐに出る英語はハローとサンキューくらいです。

そして努力してきた私たちに対して、英語のネイティブスピーカーになるには、小さい頃に英語圏に住んでいないと無理だよ、という言葉。

絶望に突き落とされました。つまり一生英語はペラペラになれないってこと?と思ってしまったのです。

ところが実際に海外に行ってみると、様々な国の人が英語をペラペラと話しているじゃないですか。もちろん美しい発音かは別にしても、十分通じるし、十分ペラペラです。

これって絶対に私の英語の勉強の仕方がおかしいよね?と思ってしまうのは、ある意味当然のことでした。

赤ちゃんが言語を習得する方法

321565

私たち大人でもネイティブスピーカーになるためには、

私たち日本人が日本語を学んだのと同じプロセスで英語を学ぶこと

この方法が一番だというのです。

赤ちゃんがどうやって言語を習得するかというと、まずは見て、聞いて、少しずつ話し始めて、徐々に上手くなっていく、という流れです。

見る・聴く・感じる→話す→文字を覚える

英語学習でありがちな、まずは文法からという学習法ではありません。

この方法の良いところは視覚で見ることによって、言語以外で状況判断をすることができ、言語を理解しやすいということです。

例えば、Mary likes Tom.という簡単な英語の文を読んだとします。

この文の意味をよく考えてみてください。

・・・・・・意味がわかるようなわからないような、気がしてきませんか?

メアリーはトムが好き?どのくらい?どんな風に?

もしトムの前で、顔を真っ赤にしたメアリーが体をもじもじさせながら小さな声で話していたら、なんとなくどんな好きかイメージがつきやすいです。

日本語もそうですが、文章や言葉はそれまでの流れや背後関係がわからないと理解しにくいのです。

そういう意味でも、まず見て聞くというところから入る、赤ちゃんのように英語を学ぶ方法は納得しやすいということになります。

クリティカルエイジを克服する

134002

言語は、通常8歳〜13歳くらいまでに母国語としての言語の習得が止まると言われています。これをクリティカルエイジと言います。

このクリティカルエイジを理由にして、ネイティブスピーカーになるためには、小学校までに英語圏へという話になるわけです。

しかし、このクリティカルエイジを克服する方法があります

クリティカルエイジの期間に私たちは母国語の言語空間を頭の中に作り上げます。

つまり日本で生まれ育ち、日本語だけで会話をしている人は、頭の中に日本語の言語空間が出来上がっているのです。

その日本語の言語空間を使って、他言語の学習をしていても他言語を母国語のように扱うことはできません。

従来の英語の学習方法は、英語を日本語で理解するというものです。その方法だと永遠に英語のネイティブにはなれないわけです。

つまり、解決方法としては、英語の言語空間を新たに脳の中で作り上げることなのです。

日本語と英語と2つの言語空間を頭の中に作り上げ、日本語で話すときは日本語の言語空間を使い、英語で話すときは英語の言語空間を使います。脳の中に2つの別の空間。

外国語を母国語のように習得したければ、二重人格になる必要があるということだったのです。

具体的にはどうやって英語を学ぶのか

英語の言語空間を脳に作り出すためには、英語だけで生活をするような環境を作る必要があります。

こちらの本で勧められている方法は、英語のドラマを見る方法です。

特にオススメなのが英語圏の昼ドラ(ソープオペラ)だそうです。ソープオペラはアメリカの主婦が家事をしながら片手間で見ることを想定しているドラマです。

そのお陰で、少し目を離しても、また映像を見れば状況がわかるように作られているのだそうです。つまり、英語の聞き取りに自信がない私たちでも、映像だけで大体の話の流れがわかるということです。

有名なドラマのFriendsは全巻セットで買ってもかなり安く手に入るので連続して見続けるにはいいかもしれないですね。

ドラマチャンネルがあるケーブルテレビが付いていれば、それを使ってもいいです。

ドラマを見る時に注意することがあります。

①字幕をつけずに英語だけで見て、聞く

②音を意識して聞く

③音を聞きながら、次の音を予想する

④同じ話を何度も見るよりも、1話〜最終話を見てそれを繰り返す方がオススメ。

文法や文字の学習は後からでいいので、英語の字幕はつけずに見ます。

(日本語の字幕は意味がないので絶対に付けてはいけないそうです)

英語の言語空間を作るためなので、すべて英語で見て、聞いて、理解する時間をとるのです。

早い人であれば数日で英語が聞き取りやすくなり始めるそうです。

また英語学習に日本語を入れないために、辞書は英英辞典のみです。辞書はwebsterでいいそうです。

日本語で意味を調べて、、、をしてしまいがちなので注意が必要ですね。

レベルが上がってきたらシソーラスもあると便利だそうです。

私はこの方法で英語をしばらく勉強する予定です。

毎日ドラマを見るだけなので楽しくできそうです。

英語のネイティブスピーカーになりたい!と興味のある方は是非やってみてください。

英語脳になると夢を英語で見るそうですよ。楽しみです!

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ