リオ五輪 国別メダル数 & 日本のオリンピック別 メダル数ランキング

ついにリオ五輪が終わりました。これからパラリンピックはありますが、オリンピックは閉会です。

今回のリオ五輪では、日本はメダル数でかなりの大躍進を遂げました。

毎日メダル速報が流れていたので、今回はメダルラッシュだな!と感じていた方も多かったと思います。

私も初日の水泳から寝不足気味で目を充血させながら、毎日できる限りLIVEで観戦してきました。そしてオリンピックも後半戦に入り、レスリング女子の1日目に3階級で金メダルを取った時は、奇跡!!と叫びそうになりました。

日本のレスリングは本当に強いです。

スポンサーリンク

リオ五輪 国別メダル数ランキング

リオ五輪での国別メダル数ランキングが出ましたので紹介します。

スクリーンショット 2016-08-23 21.59.31

日本は金メダルの数では12個で6位。メダルの合計数では41個で7位という結果です。素晴らしいです。

1位のアメリカは圧倒的で金メダル46個です。さすがの一言ですが、やはり上位には力のある先進国が並んでいますね。

それにしても数ある国の中で6位に輝くのは素晴らしいことです。そしてメダルの内容も体操、水泳、レスリング、柔道、陸上、カヌー、バドミントン、卓球など他種目での取得。これも素晴らしいですよね。

次の東京オリンピックが楽しみです。

日本のオリンピック別メダル数

今回のリオ五輪のメダル数を過去のオリンピックでのメダル数と比較してみます。日本が取ったメダルの総数が多い順に5番目までランキングを表にしました。

スクリーンショット 2016-08-23 22.13.33

メダルの総数では、なんと今回のリオ五輪が1位に輝きました。素晴らしいですね!

金メダルの数では、2004年のアテネと1964年の東京の16個が最高です。

次回の東京五輪では、金メダルの数とメダルの総数で1位になってもらいたいですね!

特に次回は開催国枠でたくさんの競技に参加することができますし、加えて日本の応援団もたくさん会場に足を運ぶことができます。

ホームで競技できることの強さは絶対にあります。開催国は有利です。前回のロンドンオリンピックの時のイギリスの強さを思い出します。

東京オリンピックの開催まで、あと4年もあるのに待ち遠しいくらい今から楽しみです。

もしこれから海外で暮らすことになったとしても、東京オリンピックの期間は絶対に東京に戻ってくると思います。

オリンピック貯金をするなら月に2万円

6018d0a86ea60972ab7aee1ec47e4759_s

東京でのオリンピックの期間は、仕事も休んで毎日観戦に行きたいですね。

陸上や水泳、サッカーなどのメジャーな種目から、日本が強いレスリングも観戦したいです。それ以外にも普段見ることのない競技も見てみたいです。乗馬だったりアーチェリー、フェンシングなども興味があります。

世界中から一流の選手ばかりが集まるのですから、死ぬ前に一度!見ておかないと!と思ってしまいます。そのために今から貯金をしておこうかな、と思います。

自分一人だけではなく、家族。そして甥っ子や姪っ子も連れて行きたいので、かなりの金額が必要になりそうです。しかし、4年もあるわけですからもちろん貯めることは可能です。

そしてオリンピックだけでなくパラリンピックも見たいですね!

20日間×5万円=100万円くらい貯めたら足りるかな?なんて思っています。

1日5万円あれば、家族や親戚などたくさん連れて行けそうですよね。お弁当作って観戦も楽しそうですね。夢が膨らみます。

目の前で日本の選手が金メダルを取ったら興奮するんだろうな〜、なんて今から妄想が膨らみます。

100万円の貯金を4年でするのであれば、貯金額は月に2万円くらいです。頑張れば貯められそうですよね。目標を持ってしっかり積み立てしていきたいです。

貯金は時間をかければそんなに大変なことではないのです。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ