クッション費用の貯金が100万円越え IQを正常に戻す

クッション費用として貯金をしていた銀行口座の残高が100万円を超えました。

クッション費用とは、ある日突然収入が途絶えても家族が今の生活を維持したまま6カ月間生活できる費用の事です。

このクッション費用は生活費とは別にして、現金で持っておくことが望ましいお金です。

この考え方を知ってから、今までのお金とは別の口座にクッション費用を貯めることにしました。

まずは動画をご覧ください。


Youtubeで見る

スポンサーリンク

現金貯金(クッション費用)は絶対に必要です

経済的に安定した生活を送るためには、月の収入が幾らであっても毎月一定割合のお金をクッション費用として現金で貯金することが望ましいです。

クッション費用は、家族が半年間生活を維持できるお金です。

こちらの記事でもクッション費用について説明しています。

貯金できないは当たり前 秘密の解決法 貯金の仕方
貯金ができないのは当たり前だと知っていましたか?なかなか貯金ができない人への解決法、そして貯金の仕方についても紹介します。最後に出費の落とし穴とも言える盲点についても纏めています。

ある日突然会社をクビ時なったり、病気で働けなくなるなど、緊急事態が起こった時に使うための費用なので、現金で持っておきます。

周りを見渡すと大手企業で働いている方や公務員の方は、急に収入が途絶える可能性や急に大きお金が必要となる可能性(病気など)を考えない方が多いです。

JALが潰れ、シャープが中国企業に買い取られたことを見ても、今の時代は大手企業にいるからと安心できる環境ではありません。

国の借金は2016年の6月末時点で1053兆4676億円にも膨れ上がり、国がデフォルトするリスクもあります。もちろんその前には公務員を減らす方向へ国は動くと思います。

さらに最近は地震などの天災も多いです。国の首都である東京の近郊でいつ大地震がきてもおかしくない状況なのです。ある日突然家がなくなり、会社が潰れた時、6ヶ月生活するお金があればどれだけ安心できるか考えるまでもありません。

すでに銀行口座に1億円以上あるような方は心配する必要はないですが、私のようにきちんと目的に合わせてお金を貯めないと貯まらない人にとっては必要なことだと思っています。

クッション費用の貯め方

07259e95471976f00a61104ecba23adc_s

クッション費用は生活費とは別の銀行口座に入れておくのが理想です。運用もしないで良いです。有事の際に取り出すわけですから、どこででもおろすことができる大手の銀行口座が望ましいと思います。

日本で最強の銀行はゆうちょ銀行です。日本全国どこにでも支店があります。私はゆうちょ銀行は別の目的で使っているので、大手都市銀行を使っています。

私の場合のクッション費用は、月20万円×6ヶ月=120万円が最低限必要だと考えています。すでに月々の生活費を把握している場合には、今現在使っている生活費×6ヶ月です。10万円であれば60万円、100万円であれば600万円になります。生活する場所や家族の人数、生活水準によって異なります。

120万円では本当にギリギリなので、余裕を持って200万円くらいは貯めたいと思っています。そのため、毎月10万円ずつクッション費用のための銀行口座へ移していました。

銀行口座へ移すタイミングは、給料日直後が望ましいと思います。お金が一番あるのが給料日直後だからです。お給料を自動で振り分けるのもオススメです。

毎月コツコツと貯めてきましたが、今月やっと100万円を超えました。(下の画像が私の貯金通帳です。どこの銀行か丸わかりですね・・・)

IMG_1425

厳密には1,046,084円になりました。とても嬉しいですし、達成感があります。

以前書いた記事では、クッション費用は収入の10%と書きました。

私の場合は10%という割合は守っていないです。クッション費用は絶対に必要ですし、無理してでも早く貯めてしまいたいと思い、毎月10万円ずつ貯めてきました。

200万円まで貯まったら一旦クッション費用への振り分けは終え、その分のお金も投資へ回していきたいと思っています。

IQを正常に戻す

015329

貯金はやってみると貯まります。絶対に降ろさないと決め、出費がかさむ月でもとにかく問答無用でお金を貯めてきました

お給料が入ったらすぐに生活費の口座から現金を移してしまえば使わないです。強制的だったり自動でお金を移す仕組みを取り入れることをお勧めします。

そして何カ月も貯めていけば、思っていた以上に早く貯まります。これは不思議ですね。最初の月に10万円を移した時は、「まだ10万円か・・・道は長いなぁ・・・」と思っていたのですが、気づけば100万円です。思い返せばあっという間です。

そして面白い変化がありました。

クッション費用の貯金金額が増えれば増えるほど、安心感を感じるようになりました。ビジネスをしていても、最悪のケースを想定した時に、最悪でも貯金を切り崩せば生活はできるはずだ、と思えるのです。

これは貯めた人にしかわからないと思いますが、本当に安心します。ビジネスも長期的に考えられるようになりました。目先のお金を血眼になって追わなくてもいい心の余裕ができました。

今まで知らず知らずのうちに、お金の収入が途切れたらどうしよう、というお金の強い恐怖を感じていたのだ思います。

恐怖を感じるとIQが下がるので、ずっとIQが下がったままだったということですね。まずは貯金をして、安心感を得て、IQを正常に戻すところまで後一歩になりました。

貯金はいつ始めても遅くないので、10%のクッション費用の貯金を今すぐ始めることをお勧めします。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ