みうらじゅん 「ない仕事」の作り方の感想 マイブームをビジネスに変える

何か新しいことをしたい!

自分にしかできない事をしたい!

という衝動を突然感じることがあります。

このまま毎日ご飯とお味噌汁を食べて、いつもの友達を仲良くして、毎日同じような仕事をして、そしてこのまま死んでいくのかな・・・?

何だか虚しいなぁ。人生って何だろう。。。と感じる時があります。

これは幸せなのか、それとも退屈なのか。

スポンサーリンク

海外旅行に行くのは開放的な気分を味わいたいから

293816

私は海外旅行に行くのが好きです。自分の生活範囲から、とにかく出たい時があります。とにかく開放されたいのです。

海外旅行に行く目的は、

1、その国の文化、日常生活を肌で感じたいから

2、日本にいる「私」のイメージから開放されて自由になりたいから

この2つが大きいです。

今までは1の理由の方が大きいかな、と思っていましたが、最近自分の本音に気づきました。本音では2の理由の方が大きいです。とにかく自由になりたい。開放されたいという衝動があります。

海外旅行ってストレスですよね。今までの自分の生活(安全圏)から出ていくわけですから、楽しくても結構なストレスがかかります。

それでも海外に行きたいのは、やっぱり自由になりたいからなのです。

自分にしかできないこと?ない仕事を作る

IMG_1350

みうらじゅん著「「ない仕事」の作り方」を読みました。

「ない仕事」って、とても楽しそう。私もやってみたいな!と思いました。

今までの「自分」から解き放たれて、自分にしかできないことができるんじゃないか!と思えるのです。

旅行に行きたいのと同じくらい、自分にしかできない仕事をしてみたい、という衝動があります。

そしてこの本ですが、みうらじゅんさんの発想がすごいのです。

待望のハリウッド映画を見に行って、つまらなかった時、なんだか損した気分になります。時間もお金も、そして自分の期待してた気持ちも減ってしまった気持ちです。

「それがいいんじゃないの!」という発想をしているのが、みうらじゅんさんでした。

映画は自分の中で楽しめる部分を見つけにいくものらしいのです。

受け身で映画を見てつまらなかった、ではなく、どうにかして自分が楽しめる部分を見つけるそうです。

これは、私には全くない発想でした。目からウロコです。

つまらない、納得できない、不満、怒り、でもそれがいいんじゃないの!と思えたら、人生が180度楽しく変わりそうです。

今の仕事を続けながらマイブームを作ってみる

とにかく今やっている仕事も家も全て捨てて、自分の人生をオリジナルにする!ということは難しいわけですが、テレビでもない雑誌でもない自分がいいな、と思うものをマイブームにしてみようと決めました。

人と違うことをマイブームにして没頭したら楽しそうですよね。

みうらじゅんさんの場合は、それを仕事にもしているそうです。マイブームに没頭して、とにかくそれが好きだと自分に洗脳をかけて、さらに周りにもマイブームと公言しているらしいのです。

そして本にまでなっているのだから素敵です。

もらったら嫌なお土産を集めた本

仏像のスクラップブックも小学生の頃から作っていたそうです。

ゆるキャラもみうらじゅんさんが命名したそうです。知らなかった!!

とにかく発想が面白くて、こんな楽しい生き方もあるんだ!と思えます。

「「ない仕事」の作り方」はビジネスマンにとっては、アイデアを出すのにも使える本だと思いました。

人とは違う趣味って素敵

118655

最近周りの人に趣味を聞くと、読書だとか、セルフネイルだとか、グルメだとか旅行だとか。

なんだかどこかで聞いた趣味ばかり。そんなことを言っている私の趣味も、読書とサウナ。どこかで聞いた平凡な趣味なのです。

しかし「ない仕事」の作り方を読んだ後に、自分の趣味について考えると、この自分の趣味ってなんだか最近のブームに自分を合わせて作った趣味のような気がしてならないです。

本当に好きなことなのかな?と思ってしまうわけです。

だって本音を言えば、ネイルとか全然好きじゃない。女性だから仕方なくネイルしているけれども、正直ネイルした爪って邪魔ですよ。料理するにも、工作するにも邪魔です。

新しい出会いをした時も、人にはない趣味を持っている人ってすごく素敵に見えますよね。人とは違う輝きを感じます。

少し興味あるけど、今までやっていなかったことをたくさん経験して、今流行ってるからやってみる趣味ではなく、自分一人だけのマイブームを作ろうと決めました。

久しぶりに良い本を読みました。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ