外貨預金を勉強する コツコツ 長期的に投資が一番 

イギリスのEU離脱が国民投票によって決まりました。

当日の為替は大荒れでしたね。米ドルは一時100円割れまで円高が進みました。

EUの中でも経済的にも大きな国であるイギリスがEUを離脱することは、周りに国々にとっても大きなインパクトがありました。

実際に他の国でもEU離脱についての国民投票をするべきだという声も多く上がっているそうです。

外貨預金の勉強を始めようと思います。

動画にも纏めていますので、宜しければご覧ください。

Youtubeで見る

スポンサーリンク

日本のデフォルトと外貨預金

4459a98d54ae6f8c46d3c9e5d0ceb14c_s

日本のデフォルトがあるのかどうかについては、正直デフォルトしないとは言い切れない状況です。国の借金が膨れあがっているからです。

そのため、資産の一部をドルやユーロで持っておくべきだと思います。ドルは世界の基軸通貨です。アメリカの大統領選がどうなるかという問題があるとはいえ、既に世界の5割のお金はドル決済で取引が行なわれていると言われています。

米ドルがここまで世界中で使われている状況なので、米ドルが廃れることは当分ないです。日本円に比べればかなり安全な貨幣だと言えると思います。

私は今、外貨預金を勉強しています。

現金を資産として持つ場合、

1、自分が生活している国の通貨

2、米ドル

3、ユーロ

この順番がベストだと思います。

この外貨預金も目的は、FXなど差額でお金を増やそうという意味合いの積極的な投資用資産ではなく、あくまで現金として持っておき貨幣のリスクヘッジをするというものです。

日本がデフォルトして日本円が紙くずになってしまったとしても、米ドルとユーロを持っていれば海外で暮らせます。

例え日本円が紙くずにならなかったとしても、米ドルとユーロは海外では換金しやすい貨幣なので、旅行などで使うこともできます。海外では日本円よりも圧倒的に使いやすい貨幣です。

5f872296e40ffc86cfcf0c459cda7f98_s

私の尊敬する方に、現金の資産は米ドルとユーロと日本円で3分の1ずつ持っていた方がいい、と言われました。

現金をたくさん持っている方や海外によく行く方は3分の1ずつという割合がオススメです。

とはいえ、貯金が何千万円も何億円もないよ!という方は、当面の生活費以外の余剰資金のうち、現金で持つお金は3分の1ずつにするのをお勧めします。

例えば当面使う予定がない1000万円の貯金を持っているのならば、400万円を日本円、300万円を米ドル、300万円をユーロで持つということです。

金利が高い国の通貨を持つことについて

2b58ba39ddc37ef3e8db0184c5a4ba7c_s

米ドルやユーロ以外の通貨を持つことについても触れたいと思います。

南アフリカランドなどは過去最大のレベルで安くなっていて、今が買いのチャンスだという話も聞きます。

他にも中国の元やブラジルのレアルなど、様々な国の通貨があります。

リスクが高い国の通貨は金利を高く設定していることが多く、外貨預金で預けた際に金利でお金が増えやすいです。そのため、買ってみようかなという方も多いと思います。

これについては、無くなっても痛くないお金であれば買ってもいいと思います。

私が今外貨預金をするため、勉強しているのは利益を出そうとは思っていない、リスク回避のための外貨預金です。

日本円で全ての資産を持っていることへのリスク回避です。リスク回避のためであれば米ドル、ユーロがベストだと思います。

それ以外の通貨を持つこと、また米ドルやユーロでも3分の1以上の割合で持つのは将来性を買う積極投資だと思います。

積極的に利益を取りに行く投資=リスクが高くなりやすい

これが一般的です。つまり、積極的な投資はリスクを取ってもいい資金(最悪損しても生活に困らない)で運用するべきです。

海外の情報を積極的に取る

db6e56d927f8c1a363b319bd77ee35cd_s

日本のテレビや新聞では、実は海外の情報はほとんど知ることができません。

私たち日本人は日本が先進国であると思っているので、情報も自由に入ってくるし報道されているものと考えがちです。

しかし実際に日本国内で流される情報の中で、海外の情報は圧倒的に少ないです。

日本は情報面においては鎖国に等しいとも言われています。

つまり受動的に日本のニュースを見ているだけでは、海外の情報は取れないのです。世界情勢を知りたい場合には積極的に外の国の情報を取ることをお勧めします。

CNNなどの海外のニュース番組を見ることから始めるのも良いと思います。そこから徐々に海外の情報を取ることに慣れていきます。

そしてニュースやweb、雑誌だけでなく本から情報を得たり、実際にその国から来た人に聞いてみるのもオススメです。

そしてできればアメリカの情報だけでなく他の国からも情報を取れるようステップアップしていけたらベストです。

外貨預金を始めるタイミング

089293

●長期的に見てその通貨が安い時期に買う

●損をしなければ利益が出なくてもいい

この2つを考えてチャートを見ると外貨預金を始めるタイミングがわかり易いです。

FXのように1銭、1円に右往左往しなくていいのです。もちろんレバレッジもかけません。

●安い時に預けて長期的に保有する。

●緊急で必要になった場合以外は外貨預金を解約しない。

と決めれば、100円を割ったところで買ってもいいですし、もう少し円高が進むまで待ってみてもいいと思います。

為替の動きを勉強しながら外貨預金のためにお金を貯めるのもオススメです。

「すぐに稼ぎたい」と思わなければ、損をしないで少しずつお金を増やすことはそれほど難しいことではないと思います。

20代や30代などの若い世代であれば、これから何十年もかけて金利で外貨の資産を増やしていくことが可能です。

長期的に考えると「すぐに利益を出す必要がある!」と気負う必要もないので、地道に努力をするのが得意なタイプの人には特にオススメできる投資方法です。

地道に努力ができる人が、何十年も先を見たときに最終的に勝ち組になれると思います。私はあまりコツコツとした努力は得意ではないタイプですが、外貨預金はコツコツ取り組んでいこうと思っています。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする