3歳、5歳の子供へのプレゼントは本がおすすめ

甥っ子、姪っ子へ毎年誕生日プレゼントを渡しています。初めは何を渡そうか試行錯誤していましたが、今は全員に本をあげることにしています。

おもちゃやお菓子を渡すのは難しいです。両親の教育方針とずれる可能性が結構高いです。我が家の子は砂糖が入ったものは小学校に上がるまでは食べさせていない、とか、おもちゃをむやみに買い与えないで欲しい、など両親によって少しずつ考え方が違います。

本は渡しても問題ない場合が多いので、最近は本ばかりプレゼントしています。世界の民話や図鑑などが多いですが、子供と一緒に本屋に行って選ぶのも楽しいです。

Youtubeで見る

スポンサーリンク

5歳の甥っ子へプレゼントした本

5歳になると自分でひらがなの本は読める子もいます。私の甥っ子も1年だけ幼稚園に通っていたので、幼稚園で勉強した成果なのか本を読むことができます。

甥っ子が気に入っている本を幾つか紹介します。

①子どもが眠る前に読んであげたい365のみじかいお話

この本は、日付とともに1ぺージ分の物語が書かれています。日本の昔話と世界の民話が混ざっており、悲しい話や楽しい話などが365個入っているので種類が豊富です。

私が知らない話も幾つも入っていました。

1つの物語が1ページに書かれているので、物語が多少端折られているように感じます。「これで終わり?」という終わり方の物語もあるのが欠点ですが、逆に1ページで短いのが丁度良い時もあります。眠る前や外出前に少し時間ができて、「本を読んで」と言われた時に短い時間で読むことができます。

今日は6月15日だから6月15日のお話を読んであげる、ということもできて便利です。

②昆虫図鑑 学研

男の子だからなのか、甥っ子は昆虫が好きです。夏になると蝉の抜け殻を拾ってきたりしています。カブトムシやクワガタも大好きなようです。

4歳くらいから図鑑を好むようになりました。その時々で興味の対象が違うのですが、虫や恐竜などが好きでよく図鑑を見ています。

③仮面ライダーの本

甥っ子は仮面ライダーが大好きです。テレビでアニメを見せている場合には、たいてい本屋さんに行くと子供はアニメの本を欲しがります。親の教育方針もあるので、アニメや漫画の本は親に買い与えて良いか確認してから買ったほうがいいと思います。

3歳の姪っ子へプレゼントした本

3歳の姪っ子へも本をプレゼントしています。

住んでいる場所が少し遠くて、あまり会う機会のがないのでどんな本が好きなのかわからず、いつも適当に本を選んでプレゼントとして送っています。

世界の民話の絵本をあげることが多いです。

①おおきなかぶ

小さい頃、私の家にもあった絵本です。兄も読んで育ったので、兄の子供でもある姪っ子にもいいかなと思って渡しました。甥っ子や姪っ子に本を渡す時はその両親が気に入って読んでいた本を渡すと良いと思います。

ただ、すでに買ってしまっている場合もあるので、2歳の時に3歳児向けの本を渡すなど少し年齢を先取りしてプレゼントすると良いと思います。

私もこの本は姪っ子が2歳の時にプレゼントしました。後から兄に、丁度買おうと思っていたから良かったと言われました。

ロシアの民話ということを大人になってから知りました。

②てぶくろ

この本も「おおきなかぶ」と同じように小さい頃に我が家にあった本です。私が個人的に好きだった本なのでプレゼントしました。

どんどん動物が集まってくる暖かさを感じるお話です。絵を見せながらの読み聞かせにも良い本だと思います。

③ぐりとぐらシリーズ

「ぐりとぐら」はとても有名な本なので、多くの保育園にもあるようで姪っ子も知っていました。この「ぐりとぐら」はシリーズなので、「ぐりとぐらの○○」という本を子供と一緒に選んで渡すのもオススメです。

「ぐりとぐら」は持っていても「ぐりとぐらの○○」は持っていない場合も多いからです。

親が買い与えた子供が持っている本と同じシリーズの違う話をプレゼントするのもとてもオススメです。

本のプレゼントは本当にオススメですし、両親からの受けもいいです。かなり無難なプレゼントだと思います。

甥や姪に何をプレゼントしたらいいかわからない、孫に何をプレゼントしたらいいかわからないという方は是非参考にしてみてくださいね。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ