金谷治訳注「孫子」岩波文庫 読んでみた感想 兵法として有名な本

中国の古典の中でも有名な本「新訂 孫子 (岩波文庫)」を読みました。

一流経営者にも愛読者が多いことでも有名な本です。私の中ではついに読んでみた!という本です。

新訂 孫子 (岩波文庫)」は兵法ですが、人生にもビジネスにも役に立つということなのです。


Youtubeを見る

スポンサーリンク

孫子 兵法って何?

新訂 孫子 (岩波文庫)」は13編からなっている、中国最古の兵書です。

古典なので、漢文・古文が苦手な私は敬遠してきたのですが、様々な経営者の方がこの本を勧めてくださるので、食わず嫌いをやめてついに手に取ることにしました。

読んでびっくり。想像よりもずっと読みやすい本でした。

孫子については様々な方が解説本を出されていますが、私が今回読んだのは原書とも言える岩波文庫の「新訂 孫子 (岩波文庫)」です。

孫子の兵法を読むにあたって様々な本を検討しましたが、誰かの先入観が入る前に原書を読むべきかと思い、原書に一番近いという評判の岩波文庫の本を読みました。

結果、大正解でした。

今まで古典本を読んでは、昔の文語体だったためになかなか理解できず挫折した経験が何度もあります。しかしこの本はきちんと現代語で訳が書いてあるので、読んでいて意味が分かります。

この本の書かれ方を説明すると

①漢文

②漢文の読み方

③現代語訳(解説)

の順番で書かれています。

具体的に冒頭の部分を抜粋いたしました。

①孫子曰、兵者國之大事、死生之地、存亡之道、不可不察也、

②孫子曰く、兵とは国の大事なり、死生の地、察せざるべからざるなり。

③孫子はいう。戦争とは国家の大事である。(国民の)死活がきまるところで、(国家の)存亡のわかれ道であるから、よくよく熟慮せねばならぬ。

(「新訂 孫子 (岩波文庫)」より抜粋)

という流れで書かれています。

漢文、古文が苦手な私でも③だけ読めば大抵意味が分かります。私はほとんど③だけを読みました。

孫子をビジネスや人生にあてはめてみる

052994

孫子は兵法ですが、自分の会社のビジネス戦略にあてはめて考えることもできます。

例えば孫子では、道、天、地、将、法の5つの事を深く理解している者は勝ち、深く理解していないものは勝てない、と書かれています。

道は政治のあり方、天は自然界のめぐり、地は土地の情勢、将とは将軍の人材、法とは軍制のことです。

これを私なりに物販にあてはめてみると、道とは企業理念やコンセプト、天は市場の環境や世論や季節、地は販売網やライバル、将とは販売員や販売戦略、法とは規律やモラルと考えてみました。

この5点を分析し、競争相手企業よりも自分の会社の商品の方が有利な状況であれば販売をしてもいいが、不利であればやめた方が良いということになります。

これを新商品ごとにきちんと把握して分析することができれば、ビジネスもうまくいくと思います。

もちろん孫子を読めば読むほど、もっともっと内容への理解が深まり、考える視点も広くなると思うのです。

更に、孫子の兵法は人生の問題にもあてはめることができるのだそうです。

孫子は、戦わずして勝つのが一番良いと説いています。その部分を恋愛にあてはめた時に、以前常に恋人が途切れない人が話していた内容を思い出しました。

その方は恋人を作る際には、人気がない人または自分への好意がある人を狙うと言っていました。人気者を狙っても勝率が低いから、誰も狙わないところを狙うそうなのです。

孫子の兵法に考えれば合理的な判断だと思いました。

孫子の兵法は読めば読むほど深いという話

そして、孫子の兵法は読めば読むほど深いというのです。

更に人生経験を積めば積むほど、この本の価値が分かるらしいのです。

私はまだ2回しか読んでいないのですが、自分の理解が足りていないだろうなということを直感的に感じています。

また人生経験もそれほど豊富ではないのですが、それでもこの本はなんだかすごいな、と直感的に感じます。

この孫子の兵法は理解すればするほど、人生での勝率が高まるように思います。そして思慮深くなるように思えます。

出たとこ勝負ばかりしている私にとって、必読するべき本かもしれないと読めば読むほどじわじわと感じています。

数多くの本が出版されていますが、何度も読んでみたい、そして読めば読むほど新たな気づきが得られる本は珍しいと思います。

経営者の先輩方が勧めるのも良く分かります。買って良かったです。これからは先輩の意見は食わず嫌いをせずに素直に聞かないといけないと感じました。

薄い本なので持ち運びしやすいのも良いですね。興味ある方は実際に手に取って一度読んでみることをお勧めします。

そして「新訂 孫子 (岩波文庫)」を読むのであれば、原書を読んでみることもお勧めします。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする