札幌競馬場に行ってきた 競馬は儲かるのか? 払戻率など

札幌競馬場に行ってきました。

最寄駅は桑園駅と二十四軒駅です。競馬場はとても広くて綺麗で、まるで空港のようです。競馬場というと薄暗くて臭くて行ってはいけない場所というイメージがありましたが驚きです。家族連れもいましたが、家族で来るのもわかるくらい綺麗な場所でした。

競馬場には開催期間というものがあります。それは競馬場でレースをしている期間のことですね。

札幌競馬場の開催期間は7月からです。今は札幌競馬場は開催期間ではないのですが、オークスの開催日だったため、馬券を買う人でとても混んでいました。

Youtubeを見る

スポンサーリンク

ギャンブルは儲からない? 払戻率について

ギャンブルは夢がありますよね。1億が当たったら何を買おうかな、と私たち誰もが夢に見たことが1度はあると思います。

ところで、宝くじやギャンブルでは集めたお金のうちどのくらいの割合が帰ってくるのか知っていますか?換金率ではなく、払戻率というらしいのですが、今回疑問に思い払戻率を調べてみました。

払戻率

総務省の資料を参考にさせていただきました

くじの払戻率の低さに驚きます。まさかの50%を切った45.7%でした。totoも同じくらいの払戻率だそうです。

一方、公営競技と言われている競輪、競艇、オートレース、競馬は70%以上の払戻率がありました。宝くじとは数字が違いすぎて驚いてしまいます。それぞれがきちんと法律で定められているそうです。

競輪 ・オートレース 74.8% 

競輪 75.0%

競馬 74.1%

注意しなければならないのが税金です。宝くじやtotoは当たっても税金がかかりません。全額懐に入れることができます。

一方公営競技には一時所得としての所得税(税金)がかかります。それを差し引くと58.5%相当の払戻率だそうです。

とはいえ以前、競馬の所得については裁判がありました。

馬券を買って儲けている人が、外れた馬券は経費として認められるのかという裁判があり、裁判の結果外れた馬券は経費として認められていました。

つまり事業として馬券を買っている場合には、外れた分の馬券は経費として費用計上できます。つまり、58.5%よりも実質の利益を上げることが可能だと考えられます。

競馬の払戻率は馬券によって違う お得な馬券

JRAが公開している払戻率を見ると、馬券によって率が違うことがわかります。

競馬

JRAのHPより

この表を見る限りでは単勝と複勝が得です。

単勝とは1着になる馬を当てる馬券です。複勝とは1着から3着までに入る馬を当てる馬券です。

両方とも馬を1頭選べばいいだけなので、初心者にも買いやすい分かりやすい馬券ですよね。

宝くじを買うのであれば、競馬で単勝または複勝を買う方が当たりやすくお金が返ってきやすいと感じました。

JRA(日本中央競馬会)には競馬場以外にウインズという場外馬券売り場があります。北海道・東北地方に9か所あり、関東にも16か所あります。日本全国の大きな都市にはかなりの確率であるので気軽に買いに行くことができます。

最近では、土曜日・日曜日にアンパンマンやプリキュア、そしてお笑い芸人を呼ぶようなイベントを開催しています。

開催期間は数百円の入場料、そして開催期間以外は無料で入場できるので子供を連れて遊びに行っても楽しいと思います。

私は今回女性限定でドーナツをもらいました。とてもラッキーですよね。味も美味しかったです。

IMG_1018

札幌競馬場に行ってきました オークス開催

札幌競馬場

札幌競馬場に行くには車が電車です。車の場合には駐車場があり、1000円で駐車することができます。

電車の場合には地下鉄東西線の二十四軒駅から無料バスが出ています。もちろん歩くこともできます。

バスは15分に1本くらいのぺースで出ています。車椅子の方が乗れるバスもあります。二十四軒駅にバスの待合室があるのですが、バスの発車時刻が近づくと続々と人が集まってきました。

年配の男性が多かったです。競馬新聞を持っていたり、銀行からお金を引き下ろした明細を見ているのですぐにわかります。

10時発のバスに乗りましたが、40人くらいは乗ったと思います。

札幌競馬場は無料でwifiも使えるのでネットをしながら観戦することも可能です。

今回はオークスの馬券を買おうと思い、間違えて1つ前のレースの馬券を買ってしまいました。

IMG_1019

馬券の買い間違えには注意してくださいね。

そして将来は馬主になってみたいですね。お金持ちにとってはステイタスですよね。憧れます。

JRAのHPはこちらからどうぞ⇨JRA

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする