成田空港まで安く行く 格安バスで旅行費用を安く抑えるコツ

成田空港まで安く行く方法があることを最近まで知りませんでした。とても損をしていたと思います。

格安のシャトルバスってご存知ですか?

バスがあることは知っているけど、格安のバスがあるとは私は全く知らなかったのです。

最近では飛行機の費用も安くなり、LCCと呼ばれる格安航空機会社がたくさん空を飛んでいます。日本国内の移動も以前は羽田空港からというイメージが強かったですが、今は成田空港からLCCがたくさん飛んでいるのです。

むしろ、羽田空港から行くよりも成田空港から行く方が安い便がたくさんあると言っても過言ではありません。

今日は安く飛行機を使うために、成田空港まで安く行く方法を紹介します。

Youtubeを見る

スポンサーリンク

LCCの安さは陸路を超える 羽田空港の方が便利

成田空港から北海道の新千歳空港まで、LCCを使ったところ8000円でした。

この料金は片道ではなく往復です。新幹線を使って陸路で本州を旅行するよりも安くて驚きます。

しかし、出発地は成田空港です。成田空港は都心からは結構遠い上に、行くだけで結構な電車賃がかかります。

電車で羽田空港に行く場合と成田空港に行く場合を比べると

①成田空港へ行く場合 日暮里駅(山手線)~成田空港

京成電鉄 特急 1025円 約1時間14分

スカイライナー 2255円 約40分

これは片道の場合です。

②羽田空港に行く場合 品川駅(山手線)~羽田空港

京急 407円 27分

これを見ていただくだけでもわかると思いますが、明らかに羽田空港から行く方が時間も費用も節約になるのです。

成田空港までバスで行くと楽だしお得

IMG_0948

成田空港まで行く手段として安くておすすめな方法にバスがあります。

このバスですが、昔からあるリムジンバスではありません。

リムジンバスの場合、たとえば池袋から成田空港に行こうと思うと3100円かかります。

これではバスでずっと座れるから楽だけれども、料金は電車よりも高いということになります。

今回紹介するのは格安のシャトルバスです。

東京駅から乗るのですが、これが便利な上に安いのです。

以下にメリットをまとめました。

●東京駅の八重洲口出口の目の前から出ているのでアクセスしやすい

●10分から20分に1本のペースで出ているのでいつでも利用しやすい

●混雑期でなければ当日行っても乗れることが多い

●料金が1000円という安さ(東京シャトルの場合には、事前予約すると900円)

●LCCの利用が多い第3ターミナルまで連れて行ってくれる

(降りる場所は、第1、第2、第3ターミナルと選べます)

●もちろんスーツケースも1つまでなら預けられる

これだけのメリットがあるのです。それにも関わらず最近までシャトルバスの存在を知りませんでした。

所用時間も成田空港第3ターミナルまで1時間15分程度です。

朝の混んでいそうな時間帯(7時40分頃)のバスに乗りましたが、時間通りスムーズに空港に着くことができました。

シャトルバスは2種類ある 乗り方の違い

シャトルバスは2種類あります。

①東京シャトル

②THEアクセス成田

この2つです。

少しずつ違うので特徴を紹介します。

①東京シャトル

京成グループが提供している格安高速バスです。

・事前予約可能(900円)

予約は発車オーライネットまたは楽天トラベル

(2日前の17時までの予約)

・当日は1000円

・回数券もある(更にやすくなります)

・20分に1本のペースで出ている

・東京駅八重洲北口から少し歩いた京成バス3番乗り場から乗車

東京シャトルのHPへ

IMG_0940

②THEアクセス成田

ビュー・トランセグループとJRが共同で行っているバスです。

・予約も可能

・当日乗車時に現金支払い1000円

・20分に1本のペースで出ている

・東京駅八重洲南口を出てすぐに乗り場がある

THEアクセス成田のHPへ

どちらを使ってもとてもお得なのがわかります。

THE成田アクセスに乗ってみた感想

IMG_0974

THEアクセス成田の7時40分発のバスに乗りました。5月18日(水)だったので特別混んでいる時期ではありませんでした。

予約なしで当日行きましたが、10分前くらいにバス乗り場に到着しました。その時点で待っている人数は予約の人が2名、予約なしが2名でした。

40分にバスが来ましたが、そのまま危なげなく乗ることができました。予約なしで並んでいた10人くらいも全員が乗ることができました。

座席は7割くらいは埋まっていたと思います。

時間帯を考えるとサラリーマンが多いのかと予想していましたが見事に予想は外れ、海外から来たと思われる外国の方が多かったです。

もしかしたら外国からの観光客には有名なのかもしれないですね。バックパッカーもたくさん乗っていました。

そして所要時間についてですが、成田空港第3ターミナルまでほぼ時間通りにつきました。途中の高速道路でもほとんど渋滞はありませんでした。

領収書ももちろん支払いした時にもらえます。シートも想像よりも広くて乗り心地が良かったです。

東京シャトルとTHEアクセス成田では、

・THEアクセス成田の方が若干バスの運行数が多い

・THEアクセス成田の方が若干乗り場が駅に近い

ため、THEアクセス成田を利用すると良いかと思います。とはいえ、若干の違いですし、両者ともに乗り場は近いので、駅に到着した時間帯によって臨機応変に使い分けることをお勧めします。

次回は是非東京シャトルを利用してみたいと思います。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ