バフェットがアップル株を取得 バフェットのポートフォリオを調べてみた

世界的に有名な投資家ウォーレン・バフェットが率いる会社バークシャー・ハサウェイがアップル株に約10億ドル投資したことがニュースになりました。

10億ドルというと、1ドル100円で考えても1000億円になりますね。

バークシャー・ハサウェイは約10億ドルの資金で、アップル株981万株を取得したそうです。アップル株は現在は昨年4月に記録した最高値を30%下回る価格で推移しています。バフェットは将来的にもっと株価が上がると見込んだのでしょうね。

アップル社にとっては981万株というのは0.2%に過ぎず、バフェットはアップル社の株主の中ではまだ大株主とまではいっていないようです。

Youtubeを見る

バフェットと言えば、IT株バブルの時に良く分からないものには投資しないと言って投資をせず、IT株バブルをうまく避けたことでも有名になりました。

それゆえ、IT株へは投資しないというイメージが強かったです。今回のハイテク株への投資には驚いた方も多かったかもしれないですね。私もとても驚きました。

スポンサーリンク

バフェットはどんな株を持っているの? 2015年12月の情報を見る

バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイは上場しているため、どんな金融資産を持っているかは公開されています。

また、バークシャー・ハサウェイの株主は年に一度の株主総会で直接バフェットから話を聞き、そしてそのうちの何人かは直接質問することもできるのです。羨ましいですよね。

バフェットがどの会社の株を持っているのか、2015年12月時点での情報を探してみました。

バフェット ポートフォリオ

マネックス証券より抜粋

米国株を5米ドルの手数料から購入ができることで有名なマネックス証券さん。

バフェットのポートフォリオなど、面白い情報を提供されていました。

ポートフォリオの1位から少し紹介したいと思います。

ウェルズ・ファーゴは昔からバフェットの保有銘柄としては有名ですが、日本に住んでいる人にとっては馴染みのない会社です。アメリカの金融機関です。銀行と考えていただくのがよいと思います。

2位のクラフト・ハインツは最近バフェットの銘柄に組み込まれました。スーパーで買い物される方であれば、クラフトもハインツもご存じだと思います。クラフトはオレオやフィラデルフィアのクリームチーズ、そしてハインツのケチャップも定番商品ですよね。

3位のコカ・コーラは説明不要だと思います。まさにコカ・コーラが有名です。

4位のIBMも日本でも有名です。情報システムの会社ですね。

5位のアメリカン・エクスプレスはカード会社ですね。アメリカの方で強いカード会社でコストコの会員になると勧められるクレジットカードですね。年会費が必ずかかるのが特徴です。ちなみにバフェットが持っているアメックスのカードは一番ランクが下のグリーンのカードだそうです。

6位のフィリップスは歯ブラシや髭剃りのシェーバーで有名だと思います。日本でもCMやってます。

7位のプロクター・アンド・ギャンブルはP&Gですね。CMを見ない日はないくらい有名企業です。正式名を言われるとなんだっけ?と一瞬考えてしまいます。

ざっくりと7位まで見ましたが、世界的に有名な大企業ばかりですね。バフェットはその企業が持つブランド力も投資を選ぶ際のポイントの1つにしています。

私としてはディズニーがいなくなってしまったのが寂しいですね。

バフェットの買い増しと長期保有

バフェットは優良企業だと思った会社の株は適正価格だと思えば積極的に買い増しをします。そして良い株は長期にわたって保有します。

例えばIBMなどはバフェットは2015年まで5期連続で買い増しをしています。クレジットカードで有名なビザも4期連続で買い増しをしているのです。

バフェットの本を読むとこんな言葉が書かれています。

「カトリック教徒の結婚のように投資をしなさい――一生添い遂げるつもりで」

「ウォール街は動くことで金が転がり込んでくる。あなたは動かないことで金が転がり込んでくる」

金融機関は手数料で収入を得ているので、何度も売買をしてくれるお客さんが一番望ましいですよね。

私たちは売買の回数が少なければ少ないほど、資産を増やしやすくなるということですね。

一生持ちたいと思えるか、自分が投資をするときの良い教訓になります。

この本は、投資だけでなくビジネスにも役に立ちます。

投資は自分の頭で考えることが何よりも大事だとバフェットは言っています。

「仕事選びも投資と同じ。いかなる手間も惜しんではならない。正しい列車に乗りさえすれば、金と痛みを節約することができるのだから」

ぐさっと心にくる言葉です。しっかり自分の頭で長期的に考えて決断していきたいと思います。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ