iphone の充電器・ライトニングケーブル 同期・データ転送なら純正品がおすすめ

充電のために使用していたiphoneのケーブルがちぎれてしまいました。

間違いました。ちぎってしまいました。

夜寝ている間に思いっきり引っ張ってしまったようで、見事にちぎれています。

ライトニングケーブルを買って失敗した話を紹介します。

Youtubeで見る

いかに寝相が悪いか、そして力が強いかがばれてしまいそうですが。。。

ケーブルの中を通っていた赤い線がつながっているうち(約1日)は充電もデータ転送もできていたのですが、赤い線が切れたと同時に何もできなくなりました。

寂しいけれどもお別れです。
IMG_0854

スポンサーリンク

ライトニングケーブルの日正規品を買って大失敗

充電もできないと困ると言うことで、ちぎってしまったその日に近くの100円ショップに駆け込みました。

電気屋さんが近くにないので、一番近くてケーブルを売ってそうだったのが100円ショップだったからです。

私が使っているiphone5Sに使えるケーブルを買いました。お値段108円です。

IMG_0853

これが失敗でした。

同期やデータ転送ができないケーブルがあるとは全く思っていなかったため、帰ってからかなり後悔しました。

このケーブルは片面接触で充電はできますが、同期やデータ転送はできない仕様の物でした。

良く説明を読むべきでした。もちろん説明のとおり、充電は問題ありませんでした。

私は頻繁にパソコンにデータ転送をするので、データ転送ができるケーブルが必要です。

帰ってからデータ転送ができるケーブルを調べたのですが、純正品だと2200円します。

一方、非正規品の場合、apple認証があるもので1000円以下、apple認証が無い物に至っては300円以下でたくさん売られていることを知りました。

(apple認証があるankerのケーブルは、appleストアでも売られていることを後で知りました。)

apple認証の製品については、Amazonもオリジナルブランドでも販売されていたのが驚きです。

試しに買ってみようということで、Apple認証なしの200円以下のケーブルで評判がよい物を買ってみました。

これで得したらラッキーと、変な知恵が働いてしまったんですね。

結果、失敗しました

2本買いましたが、2本とも充電はできるのですが、データ転送はできませんでした。

まさに安物買いの銭失いとはこのことです。

IMG_0855

右が純正品で、左が非正規品です。見ていただくとわかりますが、まったく太さが違います。

目の前の値段の安さ冷静さを失っていた自分を反省しました。

安いものには訳があるんですね。純正品はお値段相応にきちんとつくられているのだな、と思いました。

同期・データ転送するなら純正品

同期やデータ転送を頻繁にする方は、純正品をおすすめします。

または最低限、apple認証がある商品をお勧めします。

充電だけであれば100円ショップのものでも正直構わないかなと思います。

「物を買うときには慎重に」と普段気を付けているつもりが、今回はハプニングから始まり大失敗をしました。

金額が大きくなくてよかったです。100円じゃなくて100万円だったら、と考えると恐ろしいです。

まだまだ出費のスキルが低いな、と反省した経験でした。

無駄な出費を増やさないためには、平常心でない時には買い物をしてはいけないと学んでいましたが、本当にその通りです。

絶対に必要なもの、仕事で欠かせないものは万が一壊れた場合を想定して、予備を常にストックしておく方が良いと思います。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする