貯金できないは当たり前 秘密の解決法 貯金の仕方

貯金ができないのは当たり前だと知っていましたか?

頑張って働いているのに貯金ができない。自己投資にはお金が必要。

どうして自分より収入が低いのに貯金がたくさんある人がいるんだろう?

と、貯金が思い通りにできないことについて悩んだ事、私もあります。

貯金ができない人への解決法、そして貯金の仕方について紹介します。

Youtubeを見る

スポンサーリンク

NO!と言えるスキルを持っていますか?

no

お金を貯める人、増やす人が必ず持っているスキルがあります。

それは、「NO!と言えるスキルです」

以前、ノーと言える日本人になる、という言葉が流行りましたが、NO!と言えない人がほとんどです。

NO!と言えるかどうかは、優しいとか優柔不断だとかいう性格の問題ではなく、自分が決めたルールを守り通す力です。

以前から富豪になる、お金持ちになるのに一番大事なことは、収入以下で生活をすることだと、何度も書いています。

このお金に対するルールを人に何か言われた時にも守れるか、が大事だということなんですね。

そもそもなぜ貯金が必要なのか、というとそれは安心感が得られるからです。

実はお金に問題がある人は健康にも問題がある人が多いと言われています。

お金の問題が、私たちにとって一番ストレスになり、そしてストレスが病気の一番の原因になるからです。

貯金ができないのは当たり前

5f872296e40ffc86cfcf0c459cda7f98_s

実は貯金ができないのは私たちにとって当たり前のことです。

「投資」と聞くとどんな気持ちになりますか?

「投資」「自己投資」などという言葉を聞くと、危ないかな?という少しの不安と共に、ワクワクして期待感を持つ人が多いのではないでしょうか。

投資には刺激があります。

一方、「貯金」と聞くとどんな気持ちになりますか?

貯金と言えば、ただお金を貯めるだけ。しかも我慢して貯める。

ほとんどの人は退屈、面白くない、刺激がないと感じてしまうのです。

つまり、「貯金」は「投資」に比べて感情的にかなり難しい行為、なのです。

自分の固定費、流動費、そして割合を把握する

7be3123c61f439fa5ebc4d174872ccd7_s

自分の普段の収入・支出に置いて、固定費、流動費を把握することが、お金を貯める第一歩です。

例えば固定費には家賃があります。家賃は収入に対して25%までが望ましいということを以前書きました。

そしてその固定費に「貯金」「投資」「クッション」を足します。

「クッション」とは、ある日突然収入が途絶えても家族が今の生活を維持したまま6カ月間生活できる費用の事です。

「貯金」 5%

「投資」 5%

「クッション」 10%

この金額を固定費に足します。割合は収入に対しての割合です。

月20万円の収入であれば、「貯金」1万円、「投資」1万円、「クッション」2万円です。

これを収入が少ないうちからやっておくと、将来収入が上がっても経済的に安定した生活を送ることができます。

そしてもう一歩、貯金をたくさん貯めたい、お金持ちになりたい、という人は、世界中のお金持ちだけが実践している1つの法則があります。

これはフォーブスで世界のお金持ちランキングトップ100に長期にわたって入っている人の多くが口に出している事です。

お金について学べるX-Family Officeの5話の31分7秒あたりで解説されていますので、知りたい方は聞いてみてください⇒X-Family Officeを確認してみる

私たちが気づかない出費の盲点

185189

アメリカ人向けの調査で明らかになった、私たちが何気なく出費をしている盲点が4つあります。

1、コーヒー

2、雑誌

3、ランチ

4、アルコール

この4つです。

例えばコーヒーですが、毎日スターバックスに行ってコーヒーを飲む人、買う人も多いと思います。

例えば平日は1日1杯、スターバックスでコーヒーを買う場合、1日400円×6日=2400円/週 → 9600円/月のお金がかかりますよね。

雑誌も1か月に何冊の雑誌を買っていますか?

週刊誌を1週間に3冊買えば、最低でも4000円/月くらいの金額にはなります。

そしてランチは1日1000円のランチを食べれば30000円/月です。

アルコールは家で毎日缶ビールを飲んでいたとしても500円×30日=15000円/月かかります。

出費を考える時に意識しないといけないのは、その時に支払うお金だけではなく、そのお金を金利を付けて運用した場合の利益、つまり機会損失も考えます。

実はこの4つの項目を20年分6%の金利で運用した場合、平均して3000万円になるそうです。

つまり、4つの費用を使っていない人は3000万円余分に貯めることができる、ということです。

この3000万円という金額を聞けば、4つの何気ない出費も馬鹿にできないな、と思えます。

大事なことは、全ての項目をケチケチしてみじめな生活をしろ、ということではなく、コストダウンしながらもクオリティーを上げていくことはできないか、と考えることです。

例えばコーヒーを毎日何杯も飲むのであれば、コーヒーショップで買うのではなく、コーヒーメーカーを買って良い豆でコーヒーを入れれば、コーヒーショップで買う価格よりも低い価格でより上質なものを飲むことも可能です。

他にも雑誌をコストダウンさせる方法としては、必ず読む雑誌は年間購読にするという方法もあります。

コンビニや駅の売店で買うことに比べれば、年間購読や電子書籍で購入した方がコストダウンできます。

雑誌は1冊が300円くらいの安い物であれば、ついついどこかに行ったついでに買ってしまいますが、それが逆に高い出費に繋がっているということですね。

他にもブログには書けない、大事でそして実践的なお金の増やし方をX-Family Officeで学んでいます。

興味のある方はこちらからどうぞ⇒X-Family Office

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ