海外旅行での現金引き出し ATMで使う国際キャッシュカードを選んでみた

海外旅行でお金を使うためには

・日本から現金で持っていく

・クレジットカードでキャッシング

・国際キャッシュカードで現金引き出し

などの方法があります。

1週間程度の貧乏旅行であれば、日本から現金を持っていけば足りると思いますが、現地でたくさんお金を使いたい場合、長期で海外に滞在したい場合は、日本からたくさんのお金を持っていくのは危ないので、現地でその都度引き出ししたい、という方もいるのではないでしょうか。

私も数週間の海外旅行を企画しているため、国際キャッシュカードについて調べたことをまとめたいと思います。


Youtubeを見る

スポンサーリンク

国際キャッシュカードとは何?

国際キャッシュカードとは、日本の銀行の口座から現地通貨を直接引き出しできるカードです。

海外で使える銀行のカードのようなものです。

東京三菱UFJ銀行、三井住友銀行、新生銀行、楽天銀行、ソニー銀行など、日本の多くの銀行が発行しています。

シティバンクなど、海外の銀行もありますし、最近では住信SBI銀行も取り扱うようになったそうです。

国際キャッシュカードはデビットカードのようなものです。

海外のATMでカードを入れて暗証番号を打ち込むと、自分の銀行口座に入っている額までであれば、現地通貨で引き出しができます。

最近では、先進国、発展途上国に限らず、特殊な地域を除けばほとんどの場所にATMはありますから、クレジットカード以外で現金を調達したいときにとても便利です。

国際キャッシュカードとクレジットカード

994823895904f16a0ec3097cb6a8f2fd_s

現時点では、国際キャッシュカードで現金を引き出すより、クレジットカードのキャッシングで現金を引き出す方がレート上便利なことが多いようです。

例えばクレジットカードのキャッシングの場合、レートに乗る引き出し手数料は2%くらいだそうです。更に繰り上げ返済をすれば1%以下で済む、という手法もあるそうです。

しかし、例えば数か月など長期で海外にいる場合には、クレジットカードしか現金調達手段がないのは心配です。

クレジットカードと同時に国際キャッシュカードを持つことで、複数の引き出し手段の確保ができます。

国際キャッシュカードでかかる費用

ad3db87679bade3d85043fb32075d7cd_s

国際キャッシュカードの引き出しでかかる費用について纏めます。

①為替にかかる利用手数料(銀行の為替レートにに3~4%プラスされる)

②固定額の利用手数料(かかる銀行とかからない銀行がある)

③現地のATMの利用手数料

これだけのお金がかかります。

また、銀行によってはカードを発行する手数料やカードを維持するために年会費がかかる場合もあります。

為替は各銀行が出している交換レートですので、ニュースで見るレートに多少銀行の手数料が上乗せされています。

それにプラスして、引き出し利用手数料が為替レートに上乗せされます。

引き出し利用手数料は相場としては3~4%くらいが一般的なようです。

また、固定の利用手数料はかかる銀行とかからない銀行があり、これは1回210円というように引き出しの都度かかります。

現地のATM利用手数料は、国によっても、そしてATMによっても違います。例えば同じ町でもATMの場所によって2~5ドルと変動することも多いようです。

例えば10万円を引き出したい場合、銀行によって大体2000円~4500円くらいの手数料がかかるようです。

①+②+③=支払い手数料の総額

この手数料の金額を見ていただくとわかりますが、決して馬鹿にできない金額の手数料がかかります。

③はどこで引き出すか次第なので何とも言えませんが、①と②を足した金額について調べてみると、現時点では

・イオン銀行(イオンvisaデビット) 1.6%+200円

・ソニー銀行(sony bank wallet) 1.76%+216円

・住信SBIネット銀行 2.5%

・三菱東京UFJ銀行 3%+108円

・ジャパンネット銀行 3.02%

・新生銀行 4%

上から順番にお得だと考えられます。

住信SBIネット銀行は米ドルの外貨預金口座を持っていれば1.5%になります。

ソニー銀行も外貨預金を持っていれば、為替レートで円から現地通貨へ変換することなく1.76%の手数料で引き出し可能です。

ソニー銀行は10通貨に対応しているのも魅力です。

私自身は、

・イオン銀行に口座を持っていない

・ソニー銀行、住信SBIネット銀行に口座を持っている

このことから、ソニー銀行と住信SBIネット銀行で国際キャッシュカード(sony bank wallet、VISAデビット)を作ることに決めました。

両方とも年会費が無料なのも嬉しいです。

カードを作った後、ソニー銀行、住信SBIネット銀行の外貨預金に旅行で行く予定の国の通貨を入れておこうと思います。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ