部屋の片づけは能力ではなく、ただのスキルだった 人生がときめく片づけの魔法

部屋を綺麗にしたら恋人ができました!

部屋を綺麗にしたら臨時収入がありました!

部屋を片付けたら人生が変わりました!

「部屋を綺麗にすると、何もかもが上手く行く」

昔から言われているこの言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

最近では、この本もベストセラーになりました。「人生がときめく片づけの魔法」です。

私の経験でも、部屋の片づけをすると、仕事の効率はすごく上がります。

なぜかは不思議で、自分で理由はわかりませんが、仕事する気になります。

もしかすると仕事中に余計なものが視界に入らないので、気が散らないので集中力が増すからかもしれません。

部屋が綺麗なせいか、

「あ~だるいなぁ~」

という気がほとんど起きなくなります。

「今日も頑張ろう」

「いつの間にか、こんなに仕事が終わってた」

という日常を送ることができます。

部屋の片づけには、本当にすごい効果があります。

スポンサーリンク

私も昔は汚部屋の住人だった

私自身は小学校の時からつい5年くらい前まで、所謂、部屋を片付けられない人でした。

部屋がいつの間にか汚れていく、

物が捨てられなくてあふれかえっている、

スーツのボタンが1か所とれていても気づかない、

靴も手入れしないからボロボロ。

鞄の中も汚くて、目的の物がすぐに取り出せない。

文房具が見つからないからすぐに買う、

などなど、今思えば良く仕事ができたな、と思えるくらいの生活をしていました。

部屋掃除をしたいと思っても、少し掃除をしたら漫画を読む。

そして、少し片づけてもすぐに散らかすから2日で元通り。

物を動かしただけで、全然部屋自体は綺麗にならない。

親からは「片づけする能力がない」とさんざんな事も言われ、諦めかけていました。

実は、部屋の片づけはスキルで、誰にも身に着けられるものだし、練習すればいいだけなんだ、と気づけたことが、今思えばターニングポイントだったと思います。

082990

片づけられないタイプ、という人はいなくて、殆どの人が、「片づけを習っていないだけ」ということに気付かされたのが、この本です。

私は父に「お前には片付けの才能がない!」とバカにされていましたが、この本を読んでから「片付けの方法を習ってないんだからしょうがない。学校でも家でも習わなかったから、今この本で勉強している」と言い返すようになりました。

私には片づけの才能は無いのかな?と諦めてしまっている方は、まずはこの本を読んでいただきたいです。

片づけの方法については、この本でなくても良いと思います。

様々な片づけ方法の本の中で、一番自分に合うものを見つけたらいいと思いますし、見つけること自体も楽しいです。

まずは1歩目として考え方を変えることがすごく大事です。

今、汚部屋に住んでいたとしても、落ち込む必要はありません。

「片づけはスキルであり、片づけを習っていないならできなくても当然」

片づけは才能ではないし、だらしない性格が問題なのではない。

片づけを習っていないことが原因なんだ、と、片づけを諦めている多くの人に気づいてほしいと思います。

そして安心して欲しいと思いました。

片づけは習わないとできないものなのです。

もし自分が片づけをマスターできたら、それを家族や子供に教えてあげると、徐々に片づけが得意な人が増えていくと思います。

片づけはスキル。

身についていない人はこれから身につければ良いのです。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ