3年以内の目標を達成するためのバタフライ効果のトリガー

昨日は頭が良くなる方法の1つとして、「バタフライテクニック」を学びました。

一般的にはバタフライ効果と呼ばれているものです。

バタフライ効果とは、ほんの些細なことでも、時間と位置を変えて大きな効果が生まれることです。

詳しい内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

能力向上の方法:バタフライテクニック
今回はバタフライテクニックについて学びました。一般的にはバタフライ効果と呼ばれていることも多いです。バラフライ効果とは、小さなことでも時間と位置を変えて大きな効果が生まれることです。

今日は、昨日の記事で書いた、ワークを実践してみたいと思います。

ワークは以下の1つです。

1、3年以内に達成したい目標をバタフライ効果で見直してみる。

・これを達成するためには何をしないといけないのか

・これを達成したら何が起こるのか

前後について考えてみる。

2、ブロックしているもの、トリガーとなるもののアクションステップを書き出す

スポンサーリンク

3年以内に達成したい目標をバタフライ効果を使って考えてみる

このワークは書き出してみるのが難しかったです。

頭の中の普段使っていない部分を使っているような感覚になりました。

DSCF7502

一部を公開したものが上の写真です。

「白髪を減らす」「若くいる」という目標に対して、どうして健康に関する毎日のルーティーンを徹底できないのかを考えました。

その結果、「健康が最大の資産である」という考え方が自分の中に浸透しきっていないからだとわかりました。

そこで「健康が最大の資産である」とインデックスカードに書き、毎朝・晩見ることにしました。

次に年収についてです。

達成したら、たぶん幸せだろうことをたくさん書きました。

そのためには何をしないといけないかを書き出してみました。

スキルアップにフォーカスできていないことが今一番の問題です。

それはなぜなのかを考えてみると、日々の支払いの度に目の前のお金(短期的な欲)に意識が向くことがわかりました。

そこで、年金などの支払いなどは自動引き落としにすること、預金通帳の金額をあまり意識しないこと(先月よりも少しでも増えていたらOKと思う)を決めました。

さらにインデックスカードに「スキルが最大の資産」と書き、毎朝・晩見ることに決めました。

ワークを実践した際の思考の流れはこのような流れです。

このワークを通して、目標に至る道のりが少し明確になったような気がします。

そして、具体的に何をすればよいのか小さな一歩ですがわかったことが大きな収穫でした。

自分の目標に対して「ブロックしているもの」そして「バタフライ効果のトリガー(きっかけ)になるもの」が何なのか、意識して考えてみることで、より目標達成に近づけることが実感できました。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ