死ぬ気でやれよ死なないから 杉村太郎著「アツイコトバ」

2015年は私にとっては、大きな年だったような気がします。

私の性格はまさに石橋叩いてたたき割る、っていうくらい小心者です。

そんな風に外では見せないけれど、近くにいる人はわかるって言われますし、私もそう思うのです。

何よりもリスクが怖いし、失敗するのを恐れている性格です。

もちろんこの慎重な性格は良い面もあります。

危ない目にも合わないし、おおきく道を踏み外したりしないのです。

映画みたいな波乱万丈な人生は、確かに見ていると面白いけれど、自分がそうなったらかなりしんどいと思います。

ただ、安全安心な人生は退屈だなとも感じますね。

436598316aa60e47c821f6ad276a1061_s

そんな私が最近自分が変わって、良かったと思うことがあります。

2015年はまさにその転換期だったと今は思うのです。

私は上手く行かなくてもいいから何かをやりながら(行動しながら)修正していくこと、とりあえず中途半端でもいいから行動を起こすことが少しずつできるようになりました。

自分の中では大きな進化です。

何でみんなすぐにやらないの?

と思う人にとっては大したことないことでも、全てを知るまで怖くて行動できない、というタイプの私にとっては大きな変化なのです。

すべての行動が変わります。

お陰さまで今はとても楽しい毎日です。

自分が心に秘めていたやりたかったことをたくさん試しています。

死ぬまでにやりたいことは全部やる、そんな自分への第一歩と感じます。

同時に、なぜか自分の人生がそんなに長くないような気もしているのです。

気のせいだといいですが・・・。

20代から30代になるのは、本当にあっという間でした。

人生を語るには早いけれど、人生はうかうかしていられるほど案外長くないと思ってしまうのです。

既に亡くなった杉村太郎さんの本が、本棚に入っています。

アツイコトバ

アツイコトバ

その中にある「死ぬ気でやれよ、死なないから」。この言葉をなぜか最近よく思い出すのです。

自分がやりたかった事をこの1年でもいいから死にそうなくらい、頑張ってみようと思うっています。

そんなことを考えていた、今日1日でした。

アツイコトバ」は、「きみは今、生きているか。生きている実感はあるか」

こんな言葉から始まります。

88のアツイコトバが、これから新しいことに挑戦しようとする人の背中を押してくれます。

本当にアツイです。

人生に一時期、こんなアツイ時期があってもいいと感じます。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ
スポンサーリンク