「バフェットの教訓」のレビューと感想 そして一番のポイント

世界的な大富豪であるウォーレン・バフェットの義理の娘だったことがある方メアリー・バフェットが書いた本「史上最強の投資家バフェットの教訓」を読みました。

ウォーレン・バフェットの義理とはいえ娘という立場にいたなんて、正直羨ましすぎます。

この本は私の本棚にずっと置いてあり定期的に必ず読み返す本です。

何かに投資しようと思うときやビジネスをするとき、とても役に立つ本です。

「ウォーレン・バフェットは複利で財を成した人物」というのが私が思うウォーレン・バフェットです。

複利は、まるで天使と悪魔です。

自分にとってマイナスに働く時は、悪魔のようにボロボロになります。

逆に自分にとってプラスに働く時は、天使になって私たちに幸せを運んできてくれます。

複利は、とても素晴らしい、同時にとても怖い言葉です。

必ず自分にとってプラスになることでしか使ってはいけない、と思うのです。

そして人間の脳は複利を自動で計算できるほど賢くない、という事実を認識しておく必要があります。

人間の脳は複利を常に考えられるほど賢くはないのです。

これを知らないことが落とし穴になります。

スポンサーリンク

バフェットの教訓のレビュー

バフェットの教訓
史上最強の投資家バフェットの教訓」のポイントは最初のページに書いてある、この言葉に尽きると思います。

ルールその1、絶対に金を損しないこと

ルールその2、絶対にルールその一を忘れないこと

資産を増やしていくという目的でこの本を読むのであれば、これが全てです。

多くの方が資産を増やしたいために、この本を手に取るのだと思います。

もちろんウォーレン・バフェットも損をしたことがあると聞いています。

それでも、どうやったらルール1と2を満たすことが可能かを考え続けたからこそ、ここまでの大富豪になったのではないかと思うのです。

そしてこの本のすごいところは、投資だけでなくビジネスにおいても役に立つことです。

ウォーレン・バフェットは、株式投資で有名ですが自分でもビジネスをしています。

この本を読むとかならずハッとする言葉が書いてあります。

その言葉は毎回違うけれども自分でビジネスをしていくうえで、私にとってとても大事な指針になります。

資産を増やしたい方、

自分でビジネスをしたい方、

是非本棚に一冊入れておいてください。

必ず役に立つと思います。

私は読むたびに気づきがあります。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ