能力向上の方法:能力を上げる方法を学ぶ

能力を上げる方法について学ぶことにしました。

これからは学んだポイントをこのブログでまとめ、紹介していこうと思います。

Q.能力を上げる必要性はあるのか

情報化社会になり、能力の差がつきやすくなっています。

能力を高めていくと収入も増えていきます。

一方能力を高めない人は、徐々に取り残されていく、という時代になってきました。

能力はスキルなので、誰でもあげることができます。

そして最後に勝つのはコツコツと能力を上げ続けてきた人なのです。

脳

スポンサーリンク

能力はスキル

能力はスキルです。

生まれつきではないのだそうです。

やり方をマスターすれば、誰にでもレベル上げすることができるそうです。

これは、嬉しいですよね。

俺はバカだから、私はバカだからと諦める必要がないのです。

【過去を分析してみると】

過去に偉業を成し遂げた人を分析すると、別々のものを融合することで発明を生んでいることがわかります。

例えばヘンリーフォードは、食肉工場の機械を参考にし、車の大量生産に成功しています。

★Point

「社会にとって大事な、役に立つ発明かどうか」

過去の偉大な発明家と、自称発明家の違い

081806

スキルを磨くには練習が必要

社会にとって役に立つアイデアを出す練習をすることが大事です。

スキルを磨くには時間がかかるので、毎日練習する必要があるのです。

いろいろな角度から物事を見る、ということを意識することも大事です。

消極的な知能と積極的な知能

●消極的知能…今あるネガティブな問題を解決するアイデア

●積極的知能…理想・欲望を達成するアイデア

この2つはアプローチが全く異なります。

例:

貧乏をどうしたら解決できるのか(消極的)

そもそもお金が必要ない世界にするにはどうしたらいいか(積極的)

★Point

積極的なアイデアにフォーカスする

256694

意識的と無意識的

意識的に頭を使いアイデアを出すことが大事です。

1日に1度、きちんと時間をとり、アイデアを出してみます。

そのためには幅広い分野の知識を学ぶことも大事です。(広く浅くでもOK)

知識がアイデアの素材になります。そしていろいろな経験がアイデアの素材になるのです。

313399

精神の進化は1秒でできる

肉体の進化は時間がかかります。しかし、精神の進化は1秒でできるのです。

●分離して考えない

1つのスキルは違う分野にシフトできます。

1つのスキルを、1つの分野に固定させず、他の分野とも融合させるのです。

●風習・固定概念にとらわれない。逆の方向も見てみる。

私たちが信じている固定概念の逆に、アイデアや鍵が隠されていることも多いです。

私たちは新しい世界を開くとき、想像の逆に答えがあることも多いのです。

例:

筋肉をつけるためには⇒実は重いものを持たない方がいい


044539

明日からのアプローチ

①朝の時間に、3つのポイントの1つを考える。健康・人間関係・仕事

②全く違うタイプの人に本を選んでもらう

③今まで食べたことのない国の料理を食べてみる

(聞いたこともないような国)

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ