食後に眠くなる人へおすすめの解決策4つ

以前から食後に眠くなることが多く、どうしたら解決するのか、いろいろと試してきました。

夕食後であればそのまま寝てしまえますが、(身体によいかは別です・・・。)昼食後の眠気は、本当にやっかいです。

職場で周りの目があるのに居眠りをするわけにもいかないです。

仕事が忙しい時期であれば寝ている場合じゃない!という状況になるのですが、仕事が忙しい時期は昼食も取れなかったりするので、さらに眠くはなりません。

259845

では「昼食後の眠気を解消するために、昼食を抜けばいい!」というのは、ちょっと寂しいです。食べるの大好きなので。。。

毎日しっかりご飯を食べたいけど、食後に眠くなるのは困る、という方は次の方法を是非試してください!

スポンサーリンク

①よく噛んで食べる

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

毎回食べ物を口に入れたら、最低30回、できれば、食べ物がペースト状になるくらい、50~100回噛むのが理想です。

簡単な方法ですが、不思議と食後に眠くなることが減ります。

消化吸収をする胃腸への負荷が減るからだと個人的には考えています。

デメリットとしては、食事に時間がかかる事です。1口で30回〜50回噛むと1回食事をとるのに最低30分はかかります。

②食べるものの種類を減らす

一番お勧めなのはよく噛んで食べることですが、次におすすめなのは食材の種類を減らすことです。

例えば、サラダと肉だけ。ご飯とサラダだけ。というような組み合わせです。

サラダも食べて肉も食べて、ごはんも食べて、さらにデザートも食べてと、種類が増えると眠くなることが多かったです。

そして複数の種類の炭水化物を組み合わせない、ということもおすすめです。

ラーメン+チャーハンにするなら、ラーメンを大盛にするかラーメン2杯にする事をお勧めします。

ラーメンは麺が小麦、チャーハンは米でできているからです。

③食事中、食後に水分をとらない

これもかなり大事です。

食事中にたくさん水を飲んだり、食後すぐにたくさん水を飲むと食後眠くなることが多いです。

消化液が薄まるので消化に負担がかかる、という説をよく聞きます。

食事中、食後に水を飲まなくなると、眠くなりにくいのは私の経験上本当です。

のどが渇いている場合には、食前30分前までに飲んでおきます。

心配な人は食前30分前に500mlくらい水を飲んでおけば、当分のどが渇きません。

よく噛んで食べると食べ物を水で流し込む必要もなく、するすると喉に流れていきます。

この水の飲み方是非意識してみてください。

食事中にどうしても水分を取りたいという場合には、コーヒーまたは食事に含まれて居る材料のお茶を飲む事がお勧めです。

例えば、麦を食べているならば麦茶、野菜を食べているならば緑茶などです。

④添加物(化学調味料)を使わない

添加物を多くとると眠くなりやすいです。

これは私の経験上、そう感じます。

例えばフルーツだけを食べた時、どれだけお腹いっぱい食べても眠くなりません。

家で作った玄米、みそ汁、焼き魚などの和食を食べた時、眠くなりません。

一方で外食でファストフードを食べると大抵眠くなります。

今までは量が多いことが一番の原因かと思っていたのですが、どうやら添加物の方が影響が大きいと最近考えを改めました。

健康には気を使って自分の身体の反応には注意を払うようにしているのですが、外食した後の身体の反応が良くないです。

■舌がしびれたような感じになる

■花粉症がひどくなる

(目のかゆみや鼻水)

■眠くなる

■やる気が起きない

もちろん何か科学的なデータを取っているわけではないのですが、たくさん食べても眠くならないときと少量食べても眠くなる時があり、どういうことかなと考えていくと、添加物の影響が大きいような気がします。

仕事も立て込んでいることもありできるだけ身体に負担がかからないように添加物が少ない料理を選んでいこうと思います。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする