続・断捨離を成功させる3つの考え方

断捨離を始めてすぐに、陥りやすい罠が3つあるという話の続きです。

罠を解決するためのポイントをまとめた記事はこちらをご覧ください。

断捨離を成功させる3つの考え方
断捨離を始めてすぐに陥りがちな罠があります。私たちは、断捨離がうまくできないことが普通なのです。今日は断捨離を成功させるための3つの考え方について紹介します。

断捨離はうまくできないのは普通なのです。

たかが片づけと侮って、1時間片づけをしてみたけど部屋が全然きれいになっていない、という経験が私には何度もあります。

「自分は整理整頓が苦手」「女性なのに整理整頓ができない」なんて恥ずかしいことだし、彼氏には知られたくない!と思って落ち込むことも多かったです。

しかし今は大丈夫だとわかります。

断捨離はできないのが普通です。

小さいころからできている方は、ご家族の教育が良かったのか特別な才能があったのか、もしくはホコリアレルギーなどで部屋をきれいにする必然性があったか、どれかなのだと思います。

私たちの多くは片付けが初めからできないという事実に気づくことで心が軽くなります。

そうでなければこんなにも断捨離、整理整頓、片づけの本が売れるわけがないですよね。

早速断捨離初心者の陥りやすい罠、解決法は3つありました。

①物を捨てる罪悪感を感じれば感じるほど断捨離はうまくいく

一つ目に、この考え方を考え方を持つことが大事です。

私たちは小さいころからの「物を大切にしないといけない」という教育をうけてるため、物を捨てることに罪悪感を持ちます。

その一方で毎日素敵な商品PR、CMなどを見て買わずにはいられない素敵な商品、便利なグッズで周りを囲まれています。

その結果、物をほしくて買うのですが、ありがたいことに日本製の商品は高品質なのです。

なかなか壊れないので、捨てられない!という事態になります。

断捨離できないのは、当たり前ですよね。

ここで断捨離をして「使えるものを捨てる時の罪悪感」を感じます。

この罪悪感を感じることで、新しいものを買うときに罪悪感を感じたくないため、慎重に買うようになるのです。

その結果、必要のないものをむやみやたらと買わなくなります。

そして物が増えないので部屋がきれいになるのです。

ものを捨てたときの罪悪感が強ければ強いほど、新しいものを買うときのストッパーが強くなります。

断捨離がうまくいくようになるという話でした。

②捨てるものを人にあげたり売ったりすることは、ベテランレベルの断捨離技術

解決法の2つ目です。

断捨離をして部屋を片付けてから、自分の視界や生活範囲から要らないものを消すのが早ければ早いほど初心者向きで、遅ければ遅いほどベテラン向きという話でした。

物を処分するには4つ方法があります。

①今すぐ捨てる

②今すぐリサイクルショップに一括で持ち込む。

③自分でヤフオクなどで少しずつ売る

④家族が必要だったらあげる

断捨離が苦手な人には断然①がおすすめですし、断捨離歴5~10年くらいの

ベテランであれば、④もできるという話でした。

私は①を意識しています。断捨離歴は3年くらいです。

断捨離開始時に④を実践し、見事に失敗しました。

③、④は売れるまでの期間、視界に捨てるものがちらつくのでかなり難易度が上がります。

私の場合は5年たっても無理そうな気がします。

③習慣化させるテクニックのレベル上げをする

最後の解決策を紹介します。

断捨離は継続していかないといつの間にか汚部屋に戻ります。

これって「わかってるよ!」と思いますよね。

私も思います。

わかっているけどできないから問題なのです。

新しい習慣を身に着けること、しかも楽しいわけでもない習慣を身に着けるって大変です。

ダイエットのためのランニングは大変だから続かないです。

「痩せるためには必要!!」ということは、私たち皆わかってますよね。

でも「ランニングしなければ死ぬわけでもないし」と思ってしまうのです。

さてこの習慣化するのにおすすめの方法があります。

1.毎日、メモ用紙1枚でも良いので、「断捨離」と思って捨てること

2.断捨離に関する本、片づけに関する本を毎日眺める

このどちらかを毎日すれば断捨離が習慣化します。

私が実践した方法だからです。

1の毎日捨てるについては、何気なくではなく「自分は断捨離していて偉い!」と思いながら捨ててください。この意識が大事です。

メモ用紙1枚でも良いのです。

小さいことからコツコツで大丈夫です。

最初からテレビ捨てたりしてももちろん良いですけどね。

1ができない日は2をやってください。

1をやるか2をやるかは、その日の気分で決めて大丈夫です。

2の断捨離に関する本ですが、表紙を眺めるだけでも良いです。1行読むだけでも良いです。

この2つの方法をなぜ毎日やるかというと、「断捨離」という言葉を毎日自分の中に意識づけするためなのです。なので毎日の行動が大事です。

しかしここで部屋が綺麗になる、という成果を意識する必要はないです。

毎日本を眺めるか、メモ帳を1枚捨てるかで大丈夫です。

この毎日の自分への断捨離の刷り込みが、少しずつ自分の中で積もると、自然と「今日は少し掃除しようかな~」みたいな気分になる日が来ます。

そんな気分になった日に30分でも、5時間でも、断捨離して掃除をしたら良いです。

1年もたてば部屋は常にきれいな状態で保たれるようになります。

この方法はおすすめです。

私は断捨離に関する本をベッドの横においておき、寝る前に表紙を横目でちらりと見てから寝ていました。

これが結構効果があります。

そのうち中身を読むようになり、たまに掃除をするようになり、気分が乗ったら、一気に大掃除、今では部屋が綺麗です。

部屋が最近汚くなりつつあるなという時にもう一度本を置きます。

ベッドの横です。

そしてちらりと横目で表紙を見る、ということを繰り返しています。

本の選び方は、自分が面白そうだな、ビビッときたな、という本で良いと思います。

私が読んで面白かった掃除に関する本をいくつか紹介します。

今すぐ買って、まずはベッドの横に置いてください。

スポンサーリンク

ミニマリストになろう!

一度、ミニマリストになってしまうのもオススメです。

部屋の環境、身の回りの環境はとても大事です。

すっきりしていることは、とても重要なことです。

最近はやりのミニマリストですが私もおすすめします。

ものを減らすと頭の中がすっきりします。仕事に対するやる気も出てきます。

私は意識して毎日必要ない物は、捨てるようにしています。

せめて週1度でも良いので、大々的に必要のない物を捨ててみてください。

この捨てるという行為は、かなりストレスを感じます。

物をたくさん捨てると、かなり精神的に疲れます。

慣れないうちはへとへとになります。

ストレスを感じるからこそ物を捨てられない人が、これだけたくさんいるのです。

しかしこのストレスが大事なのです。

この大きなストレスを感じることで次に物を買うときに無駄な物を買わなくなるのです。

私も最近では物を買う際は捨てるときのストレス、捨てるときに手間にならないかなどを、かなり真剣に考えます。

それでOKになったものだけ買うようになるのです。

一度ミニマリストになってみるのも面白いと思います。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ