断捨離を成功させる3つの考え方

断捨離を始めてすぐに陥りがちな罠があります。

私たちは、断捨離がうまくできないことが普通なのです。

今日は断捨離を成功させるための3つの考え方について紹介します。

私も過去には床に物が溢れている部屋に住んでいましたが、今では綺麗な部屋の住人です。

断捨離はスキルなので、身につければ誰にでもできるのです。

①断捨離は物を捨てる罪悪感を感じれば感じるほどうまくいく

これが1つ目のポイントです。

どういうことかと言うと、断捨離の基本は「捨てる」ということです。

「捨てる」ことは私たちにとってかなり体力を使うことです。そして精神力を使います。

部屋の大掃除をして、なんだかすごく疲れたことありませんか?

私は今でも物を捨てるときはかなり疲労感を感じます。

洋服をビニール袋1つ分捨てるだけで、今日はもうこれ以上はやめておこうと思うくらいです。

特に「まだ使えるもの」を捨てるときの疲労感が半端ではないです。

もう使えないものや壊れたものを捨てるのは当たり前ですし、私たちも日頃から何の問題もなく行っていることが多いです。

買ってきた野菜のラップを剥がして捨てることに、まったく抵抗はありません。

ぽいぽい捨てられますよね。

つまり家に残っているということは、「まだ使えるもの」ということです。

断捨離はこの「まだ使えるもの」を捨てる行為なので、上手くできないのですね。

私たちは小さいころから、「物は大切にしよう」と学んできます。

食べ物は大切に、

おもちゃも壊したらだめですよ、

世界のどこかには食べ物も満足にもらえなくて、苦しんでいる人がいるのです、

などなど・・・・・・。

それこそ、小学校に上がる前から、「物を大切にしなければならない」という考え方をしつけられて育ってきています。

まさに「使えるものを捨てなければならない」という断捨離とは正反対の考え方が、私たちの心の奥底に住み着いているのです。

断捨離をすればするほど、「使えるもの」を捨てれば捨てるほど、私たちに罪悪感が重く圧し掛かります。

この罪悪感に耐え切れず断捨離をあきらめてしまうことが多いと言われています。

断捨離成功の秘訣の1つは、

断捨離によって感じる罪悪感はあたりまえ。むしろ、罪悪感を感じれば感じるほど、断捨離はうまくいく。

と考えられるかどうかにかかっています。

どういうことかと言うと断捨離によって「使えるもの」を捨てれば捨てるほど、罪悪感が積もっていきます。

この罪悪感を感じれば感じるほど、「使えるものを捨てるのは嫌だな」と考えるようになります。

新しい物を買う時に、

「これは、本当に使うのだろうか?」

「つらい思いをして、捨てなくても良いだろうか?」

と考えます。

そして自分に必要のない無駄なものを買わなくなります。

物が増えすぎずに、部屋がどんどん綺麗になっていく

という流れになります。

私たちは使えるものを捨てる罪悪感についつい悩みがちですが、「この罪悪感が将来の自分を助ける!」と思って、

罪悪感=うまくいく

という考え方で断捨離に取り組むこと。

これが1つ目の大事なポイントです。

②捨てるものを人にあげたり、売ったりすることは、ベテランレベルの断捨離技術

断捨離をして片づけていく中で不要なものを捨てずに人にあげる、リサイクルショップに売る、という選択肢が出てきます。

実はこの選択肢は断捨離のベテランレベルの技です。

断捨離をしているとまだまだ使えるワンピースを妹にあげたり、本やCD、DVDをブックオフに売ったりしたくなります。

これは捨てるよりもあげる、売る方が罪悪感を感じなくてよいからです。

つまり罪悪感から逃げたいのです。

私も自分が使わなくなった洋服を、「お母さん、この洋服使う?私には似合わないけど、素敵でしょ?着るならあげるけど・・・・(洋服を母にあてて)あ、似合うんじゃない?」ということを、したことがあります。

この「人にあげる」「売る」というのは、一見物を大事にして良いことをした気になるのです。

これは実際とても良いことです。

良いことなのですが断捨離ベテランレベルの人しかできない裏技みたいなものです。

まず洋服はあげても、相手は意外と着ないです。

そして同居の家族の場合、洋服が部屋から部屋へと移動しただけだったりします。

気づいたら自分の洋服ダンスに戻ってきたり、結局は物を減らせていない、という状況になりがちです。

そして人にあげた洋服を見るたびに、自分はこの洋服を生かせなかった、という罪悪感を何度も感じて気分が落ち込んだりします。

断捨離初心者レベルの方には、何度も罪悪感を感じる上に結局家がきれいにならない、というこの方法はお勧めできません。

次に本をブックオフに売りに行く、ヤフオクで売るなど、いらないものを売る方法です。

これも断捨離ベテランレベルの技です。

部屋の片づけをした日にリサイクルショップに一括で持ち込めば問題ないですが、大抵は売るまで自分の家に置いておく、ということになります。

これは結構危険です。

私も部屋の片隅に置いておいた漫画を、お風呂上りに読んでしまい、やっぱり捨てるのはもったいないなどと考えて、本棚に漫画を戻すということが何度もありました。

断捨離をして部屋を片付けてから、自分の視界、生活範囲から消すのが早ければ早いほど、初心者向きで、遅ければ遅いほどベテラン向きです。

1.今すぐゴミボックスに持っていって捨てる

2.今すぐリサイクルショップに持ち込み、一括して売る

3.少しずつ自分で売ったり、分割して再利用しようと思う

4.家族のなかでいらないものを回す

ものを処分する方法はいくつもありますが、この順番が下に行けば行くほど、断捨離が進むのが遅く、ベテラン向きです。

むしろ断捨離ベテランレベルでないと、精神的に続かないのです。

私はまだまだベテランレベルにはほど遠いので、処分するものはできるだけ早くゴミボックスに持ち込みます。

例えば水曜日は本などの資源回収の日という場合は、前日の火曜日に掃除をし、捨てるものはすぐに外に出してしまいます。

捨てるものによっては回収日が決まっているので、回収日の前の日に片づけをするよう、スケジュールを立てることもおすすめです。

断捨離ベテランレベルは5年、10年くらい片づけをしている強者でないと、なかなか難しいので、断捨離を取り入れ始めた私たちには、1のすぐ捨てる習慣をつけることが一番良いことだと思います。

そして最後の3つ目についてですが、長くなったので記事を2つに分けました。

次回の記事をご覧ください。

続・断捨離を成功させる3つの考え方
断捨離を始めてすぐに、陥りやすい罠が3つあるという話の続きです。3つ目に習慣化させるテクニックのレベル上げについて紹介しました。いっその事ミニマリストになってしまうのも良いと思います。
1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ
スポンサーリンク