ビジネスで商品を作る基本 まずは予算&革新的な商品は売れない

新しい商品を作るとき、新しいサービスを提供するとき、かならず事前に予算を決めることをお勧めします。

あたりまえのこと!と思いがちですが、意外と忘れてる方が多いです。

予算決めが癖になっていないうちは、意識して予算を決めることが大事です。

To Doリストにでも書いておいてください。

後からこれも必要、あれも必要!と投資し、気づいたら結構な金額になっていた!なんてことになりかねません。

予算はかならず初めに決める必要があります。

この金額までしか出さない。この金額まで出しても無理なら諦めるという判断も大事なことです。

50万円でも、5万円でも、5億円でも良いのです。

「決める!守る!」ということが大事です。

利益が出てきたら利益分を再投資に回すのはもちろん大丈夫です。

はじめに予算を決めることは、5万円、50万円くらいのまだ金額が小さいうちに癖をつけることをお勧めします。

ビジネスが大きくなってからの予算の失敗は、リスクが大きすぎます。

「5万円くらいだからいいや!」「50万円くらいだからいいや!」ではないのです。

このくらいの金額ですら予算を決めたり、守ったりできない人は5000万円、5億円になってできるとは思いません。

何事もビジネスが小さいときに基礎固めをする必要があるのです。

新しい商品を作るとき新しいサービスを提供するとき、かならず予算を決めることをお勧めします。
044539

スポンサーリンク

革新的な物は売れません。

新しい商品はサービスを作る時、もう1つ大事なことがあります。

それは「革新的な商品や物は売れない」ということです。

え!?そんなわけないでしょ!

ウォークマンだって、たまごっちだって売れたじゃん!

と思われるかもしれません。

確かにそうですね。

全く売れないわけではないのですがかなり売れにくいです。

あなたの会社がSONYのような有名な会社だったり、大型量販店に販路を持っていたり、TVCMでたくさんPRできたりすれば、もしかしたら売れるかもしれません。

しかしここで考えてみて欲しいのです。

A いままで配合したことがない特別な成分のみで作られているありえないくらい肌が白くなる化粧品

3,000円

B 有名な美白成分がたっぷりはいった化粧品

3,000円

どちらを買いますか?

美白に興味がある方であれば、正直Aには興味津々だと思います。

しかしもし自分が買うとしたら、Aを買いますか?なんとなくBを買いませんか?

人は革新的すぎる商品は意外と恐くて買えない物なのです。

大丈夫かな?と思ってしまうのです。

Aの革新的すぎる商品の場合は大丈夫だという安心感をもってもらうために、臨床試験データを出したり、有名美容家の推薦をもらったりと様々な手段をとらないといけません。

一方Bであれば試してみようかな~、と思われるだけで簡単に買ってもらえる可能性があるのです。

革新的な商品である場合にはまるで今まであった商品の進化したバージョンのように宣伝し、買ってもらいます。

買ってもらったあとで革新的な効果を実感してもらったら良いのです。

最初のPRで革新的な部分を押し出しすぎると売れないです。

良い商品を作っていれば作っているほど、陥りやすい罠です。

商品に絶対的な自信がある方は気をつけてみてください。

革新的(すぎる)商品やサービスは一見売れそうですが、売れにくいのです。

1日1度応援クリックしていただけたら嬉しいです!⇩

女性起業家 ブログランキングへ